スノーフレーククラウン投入❗ブラックスノーフレーククラウンとの相性は⁉️

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

ドリ丸水槽の中で、ブラックスノーフレーククラウンフィッシュとホワイトチップアネモネがペアになり、いつも仲睦まじくフラワーコーラルの中に一緒にいたのですが…

ホワイトチップの予期せぬ飛び出し事故により1人ぽっちになったブラックスノーフレーク😭

ブラックスノーフレークとホワイトチップがまさかこんなことになるとは⁉️

海水魚の飛び出し事故❗「君はこんなところにいたのか…」

一緒にいた頃は2匹でひっきりなしにモフモフしていたのですが、1人ぽっちになってからというもの、モフモフもせず、じっとしている時間が多くなってきました。

そこでです❗

新しい仲間を投入する事にしましたぁ🤩今回の仲間がこちら❗🤩

【スノーフレーククラウンフィッシュ】

こちらも品種改良のクマノミではあるのですが、姿形はブラックスノーフレークと全く同じ。違いはブラックスノーフレークが白黒に対して、スノーフレーククラウンはオレンジと白でしたね🤗

さぁ❗仲良く混泳してくれるのでしょうか?😍

スノーフレーククラウンフィッシュ水槽投入までの流れについて

スノーフレーククラウンフィッシュの飼育の仕方は、他のクマノミと変わりありません👌

※参考までにブラックスノーフレーククラウンフィッシュの育て方をのせておきます。

ブラックスノーフレーククラウンフィッシュの飼育は難しい?

①水温合わせ

冬場、夏場は特に水温合わせは丁寧に行わないとヒートショックを起こしてしまいます。

今回はバケツに水槽と同じ水温(25℃)の水を入れ、ヒーターを完備し、1時間程の水温合わせを行っています🤗

「なぜ水槽に袋ごと浮かべての水温合わせをしなかったの?🤔」

そうですよね。実際そのやり方の方が簡単なんですが、ある理由の為今回はバケツでの水温合わせを選択したんです。

「ある理由?🤔」

照明です❗照明の点灯が現在手動ではなくアプリ管理にしている為、水温合わせの時間にはすでに照明が点灯している時間でした。照明が点灯している状況下で、お魚さんの入った袋を浮かべてしまうと、袋の中の水温はグングン上昇してしまうんですよね🥶

皆さんも照明点灯時の水温合わせはくれぐれもご注意を。

②水質合わせ

点滴で水質合わせを行っていきます。ちなみに袋の中の比重が1.020。それに対してドリ丸水槽の比重は1.025でしたから2時間程のかけて水質合わせをしています🤗

この際、ヒーターとエアレーションはお忘れなく。

③隔離ケースに投入

見た感じ何の病気がないように見えても、必ずいったんは隔離ケースにて様子を見ていく事をお勧めします。

特にクマノミ系は、輸送やストレスから「カクレ病」を発症しやすいので、隔離ケースにて1日ほど様子を見た方が安心です🤗もちろん、隔離ケース観察時に白点病、ウーデニウム病、ビブリオ症、リムフォシスティス病などの様子が見てとれた場合は、直ちに薬浴治療に入ります。

今回は無事にそのような様子は見られなかった為、こちらの隔離ケースにて餌付けを行っています。

当日は食べませんでしたが、次の日にはしっかりと粒餌を食べてくれました👌やっぱりクマノミ系は餌付けが簡単だから助かります🤗

正直、餌付けが難しいお魚さんの場合は、この隔離ケースの中で餌付けを完了させておかないと餓死❗😣なんて事にもなりかねませんからね😥

という訳で3日目には本水槽に投入しました。

④本水槽に投入

「さぁ仲良く混泳してくれよ❗」

そう願い本水槽に放ったのでした。ちなみにこちらの水槽にはブラックスノーフレーク以外に、ゴマハギとカウデルニーが入っているのですが…

スノーフレーククラウンフィッシュに対してカウデルニーはスルー🤗やっぱり温厚なカウデルニーはこんな時ありがたい🤣

次に近づいてきたのが、この水槽のボスでもあるゴマハギ。ゴマハギもスルー🤗ゴマハギもハギ系に対しては攻撃をしますが、相手は小さなスノーフレーククラウンでしたからね。横を通りすぎても無視してくれました🤣

さぁいよいよです❗フラワーコーラルの中でモフモフしていたブラックスノーフレークが新入りのスノーフレークに気付いた途端、猛攻撃を仕掛けてきたのでしたぁ😫

ちょっとでも近づこうものなら、凄い勢いで突進し噛みつく?事を繰り返しています😭

スノーフレークも攻撃を受けては逃げ、また近づいては逃げを繰り返す始末😫

イソギンチャクやサンゴに入ったクマノミ系は気性が荒くなってしまうものなんですよね。

「う~ん…やっぱりすぐすぐには仲良くなるのは厳しいかなぁ😥」

お魚さんには人間と同じように相性がありますからね。特に同種となるとすんなり仲良く混泳とならないのが海水魚の特徴でもあります。

最初の1日はずっと攻撃をし続けていたブラックスノーフレークでしたが翌日には変化が❗

攻撃の手を止めたのでしたぁ🤗この距離に近づいても攻撃をしないようになりました。これはしばらくすれば、二匹が一緒にモフモフする日が見れるかもしれない兆候です🤩

まとめ

あれから1週間が経過していますが、一緒にモフモフする姿は確認出来てはいません😅しかし、スノーフレーククラウンは一緒にモフモフしたいんだけど入れないといった感じです(ずっとフラワーコーラルの回りだけを泳いでいますから)

ブラックスノーフレークは何してるかというと…

完全無視です😒攻撃もしないし、近づこうともしない。フラワーコーラルの中で1人モフモフしている状態ですね。

この先、もしも二匹のモフモフ姿が確認出来ましたら、またすぐにお知らせ致します🤗

タイトルとURLをコピーしました