クマノミ・ラボ😊

カクレクマノミ 海水魚

皆さんおはようございます☀️ドリ丸です🌴

今回ご紹介されて頂くのが、みんな大好きクマノミです🐠

数多くの方々の水槽にクマノミは入っている事でしょう😊

ドリ丸水槽にも、二匹のクマノミがペアとなり、トランペットコーラルでモフモフしています😍

トランペットコーラルにクマノミは入るの?

そんなクマノミの生態について、今回はご紹介していきます✨

クマノミ

スズメダイ科のクマノミは、皮膚から出す特殊な粘膜によって保護されている為、イソギンチャクの猛毒の触手に中でも生活が出来るんですよね。イソギンチャク・ラボ

クマノミ=アネモネフィッシュと英名で呼ばれている由縁は、イソギンチャクの英名が、シーアネモネと言われ、共生する事ができるからだそうです😊

ぎこちない独特な泳ぎ方から、クラウンフィッシュ(おどけた魚)という名前がついてるのも面白いところですよね😆

それでは、4種類のクマノミを詳しく見ていきたいと思います🎶

トマト・クラウンフィッシュ

「和名」  ハマクマノミ

「科目」  スズメダイ科

「学名」  Amphiprion frenatus

「全長」  15センチ

「食性」  雑食性

「生息域」 フィリピン近海のサンゴや日本海近海。

「別名」  ブライドルド・クラウンフィシュ、またはファイヤ・クラウン。

「特徴、及び注意点」

えらぶたの後方が濃いトマトのような赤茶色をしている為に、トマトクラウンという呼び名が付けられています✨

目の後ろに、黒い淵の白い線が走っているのも特長です✨稚魚の場合であれば、この白い線が2本あるため、成魚か稚魚かの見分けはし易いですね😆

ヒレは丸く、メスの方が大きいのも特長です✨

水槽にイソギンチャクを入れてあげることにより、クラウンフィッシュが安心して暮らせるようになります🎶

雄雌で体格差が非常に出ます。雌は大型化や、褐色化するので、すぐに分かりますよ✨

コモン・クラウンフィッシュ

「和名」  カクレクマノミ カクレクマノミ飼育の疑問解決

「科目」  スズメダイ科

「学名」  Amphiprion ocellaris

「全長」  7センチ

「食性」  雑食性

「生息域」 スリランカからフィリピン。オーストラリア北部など、インド洋から太平洋にかけてのサンゴ礁。

「特徴、及び注意点」

黒い淵の白い帯が、明るい黄色がかったオレンジ色の体をはしっています✨そうです❗日本では、みんな大好きカクレクマノミ、通称ニモと言ったら誰もが知っているクマノミですね😍

愛くるしい顔をしていますし、ファインディング・ニモの映画の影響で、優しいイメージを持たれている方も多いと思いますが、ペアになるとナワバリ意識が強くなり、気性は荒くなりますよ😅

ドリ丸水槽でも、トランペットコーラルに入る前は、優しかったカクレクマノミが、トランペットコーラルにモフモフしだすと、そこに近づいてくるお魚さんには攻撃を仕掛けますから😅

ただ、追いかけ回すような事はしませんから、ご安心を🎶

ピンク・スカンククラウンフィッシュ

「和名」   ハナビラクマノミ

「科目」   スズメダイ科

「学名」   Amphiprion perideraion

「全長」   7.5センチ

「食性」   雑食性

「生息域」  フィリピンや香港、タイからオーストラリア北部にかけてのサンゴ礁。

「別名」   サーモン・クラウンフィッシュ。

「特徴、及び注意点

ピンクがかった体色、背中や頬に白いラインなどから、繊細な印象を持つクマノミです😍

この体色や模様は、共生するイソギンチャクな色に同化し、目立たなくしてくれます✨

マルーン・クラウンフィッシュ

「和名」 スパインチークアネモネ

「科目」 スズメダイ科

「学名」 Premnas biaculeatus var

「全長」 15センチ

「食性」 雑食性

「生息域」 マダガスカルからフィリピンソロモン諸島にかけて、あるいは、オーストラリアのクイーンズランド州周辺のサンゴ礁。

「特徴、及び注意点」

他のクマノミよりも、明らかに頑丈そうな体格をしています😆濃い赤褐色の体に、3本の細い筋が入っているのが特長です✨

まとめ

クマノミには、様々な種類がいますが、海水水槽をしていく上では、どれも丈夫で長期飼育しやすいお魚さんです🎶

独特なあの泳ぎ方に癒されますので、ぜひ入れてみたいお魚さんです🌺

タイトルとURLをコピーしました