狭いろ過槽には最適⁉️アルティマナノプロテインスキマーとは❔

機材

皆さんおはようございます✨ドリ丸です

またですよやってくれましたよZooxさんスタイリッシュでとにかく格好良さは格段に優れているアルティマプロテインスキマーから、小型の「アルティマプロテインスキマーナノ」が発売されていました。

約1年前、ドリ丸はアルティマプロテインスキマー500sと、レッドシーリーファースキマー300で散々悩んだあげく、リーファースキマーを選びました。

アルティマプロテインスキマー500Sについて!

レッドシーリーファープロテインスキマーの使用感について!

その時、アルティマについてはメーカーの方からありとあらゆる事をお聞きしていましたから、優れたプロテインスキマーであることは重々知っているつもりです。

そのアルティマから小型が出てるではありませんか❗今回は「アルティマナノプロテインスキマー」について、またメーカーさんから様々な事をお聞きした事をご紹介していきたいと思います珞

アルティマナノプロテインスキマーとは?

①デザイン性が素晴らしい

このスリムなブラックボックスが堪りませんこのシックなデザイン性は、他の様々な外掛け式プロテインスキマーとは比べものにならない程です❗

あくまでもドリ丸の主観ですが‥

元々、Zooxから発売されている商品はデザインや形がアクア商品の中では群を抜いて素晴らしいですからね珞

実際、ショップで使用されているものを拝見してまいりましたが、ろ過槽の場所を取らずスタイリッシュな水槽となりますよ

②サイズはどれ位?

・横幅=14,5センチ

・奥行き=7,5センチ

・高さ=38センチ

奥行きが7,5センチしかないので、かなりスリムボディですよ

③どの位の水量に対応するの?

ベンチュリー式プロテインスキマーで、水量250リットルまで対応しますこのスリムなボディーで、それだけの水量を対応してくれるのは、かなりの事です。

それを可能にしてくれているのがアルティマプロテインスキマー独自形状のブレードのおかげです。

アルティマプロテインスキマーの泡を実際見たことがある方なら分かると思いますが、泡が他のプロテインスキマーとは全く違うんですよね✨

ビール職人が入れた「神泡」なんです❗このクリーミーな泡を一目見たら、そりゃぁ水槽内の有機物はしっかりこし取られてしまうでしょうね

この独自形状のブレードにより発生するトルネード状の流れが海水と泡の接触時間を長くしてくれている為、コンパクトボディーでありながら、250リットルの水量に対応してくれるという訳です珞

④音はうるさくない?

超静音性に優れています。「ちゃんと動いてる?」と疑いたくなる程の静かさですから、寝室に置いていても安眠出来ますよ珞

この超静音性を可能にしている理由がDCポンプを使用している為です。最近はACポンプも昔に比べるとだいぶ静かになってきてはいるのですが、やはり静音性ではDCポンプの方が格段に上ですからね。

⑤各種詳細は?

・ポンプ最大消費電力=12w

・空気流入量(L/h)=300リットル

・流量(L/h)=450リットル

⑥泡の調整はできる?

出来ますアルティマナノにも、コントローラが付いており、9段階の調整が可能です。ちなみにベンチュリー式プロテインスキマーとして他の商品を見てみると、海道達磨やqq1などは手動で高さ調整をする必要があります。

このコントローラのボタン一つで泡の調整が出来るのはやっぱりいいですね珞

⑦メンテナンスは簡単?

簡単です。これは他の外掛け式プロテインスキマーと同じですよ。週に1回はカップとメッシュフィルターの洗浄するだけです。そして月に1回程度、ポンプやインペラーの洗浄をしてあげて下さい珞

ここで一つ注意点があります❗

ポンプ内やインペラーにカルシウムが沈殿し固着しますから、これはしっかりと取り除いておかないと故障の原因となります。ブラシ等で磨けばだいたいは取れますが、掃除をさぼって酷い固着が見られる場合は、お湯にクエン酸を溶かし、その中にポンプとインペラーを1時間程浸け置きしたら簡単に取れますよ珞

まとめ

水槽サイズアップすると、それに見合ったプロテインスキマーを買わないといけないのが普通ですが、アルティマナノプロテインスキマーなら250リットルまでなら可能ですから、60センチ水槽から90センチ水槽にサイズアップしても使用は可能です。

タイトルとURLをコピーしました