海水水槽初心者必見❗メタハラって何❔

機材

皆さんおはようございますドリ丸です✨

海水水槽で設置する照明には本当に多くの商品がありすぎて、「一体どれを買えばいいの?」と思いませんでしたか?

蛍光灯、Led、メタハラ‥メタハラって何❔ドリ丸と同じように、メタハラを知らない方々へ簡単にご紹介出来ればと思います。

メタハラとは❔

正式名称は、メタルハライドランプ、これが通称メタハラと呼ばれています。

こちらの照明器具、それはもぅ極めて、極めて❗強い光を出せる照明であり、このメタハラが世に出たおかげで、これまで、自宅水槽で飼育が最も困難とされていたミドリイシが、飼育可能になったとされている素晴らしい照明です

浅場に生息しているサンゴや、シャコ貝は特に、強い太陽光で光合成を行い、成長しています。その昔、メタハラがなかった時代、浅場のサンゴを採取しても、太陽光のような光を再現する事が出来ずに死なせてしまっていました

メタハラが作り出す光はまさに太陽光の光なんですよね✨

メタハラは、水銀灯の一種で、小さなメタハラでも蛍光灯10本分に相当する威力を兼ね備えています朗

その為、かなり高額です。数万円~数十万円と、アクアリウム用品の中でも高額商品となっています。

しかも❗

電気代も高いんです

しかも❗

これだけの強い光量を維持し続けるには、1年に1回、電球交換が必要となるんです❗

維持費を考えると、覚悟がいる照明器具です。

しか~し❗

メタハラで飼育されているミドリイシは、やはり格段によく成長しますし、なんといっても、サンゴのパステルが本当に綺麗で見事な水槽景観を作り上げてしまうんです

昨今、Ledもフルスペクトル照明が開発され、かなりの高性能なるLed照明がありますが、ベテランの方に言わせると「ミドリイシ飼育ではメタハラにはかなわない」と言われてあります珞

ミドリイシの愛好家は、照射に凝っている方も多く、より強い光や育成効果を高める為に、白色光とブルー光を出すものを組み合わせて使用されています。

~メタハラの光量の目安~

通常90~120センチ水槽で、150wを二灯、もしくは250wを一灯とされています✨

しかし、ミドリイシの色揚げさせようとするならば250wを二灯設置されている方もいます✨

~メタハラ注意点~

1番はその最大なる特徴である、強力な光量で、他のサンゴが強光障害でダメにしてしまうことでしょう

強光を求める浅場に生息するサンゴだけのレイアウト水槽であれば、メタハラは最強の照明器具でしょう。しかしながら、例えばドリ丸水槽のように、様々なサンゴでレイアウトしている水槽の場合は、逆効果になってしまう可能性大です。

ミックス水槽で様々なサンゴを水槽に入れて楽しみたいと思われる方であれば、サンゴの配置場所、強い照明が好きなサンゴのブロック、弱い照明が好きなサンゴのブロックと、それぞれに合わせた照明を設置されることをお勧めします。

まとめ

あなたはメタハラ派?それともled派?これはもう好き好きになりますね今回メタハラの紹介をしておきながら何なんですが、ドリ丸はled派なんです。光量はメタハラには敵いませんが、電気代のことを考えるとですねぇ。

ランニングコストを極力抑えながら、趣味を楽しむことも、大切なことだと思いますね✨

タイトルとURLをコピーしました