外掛け式最強プロテインスキマー「ゼンスイQQ3」その性能はどれほどか❔

機材

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

サンゴ過密水槽にしていきたいと思われているのでしたら、機材の初期投資はかかりますが、最初から絶対に「オーバーフロー水槽」がお勧めです❗

「いやいや、オーバーフロー水槽なんて高いし、そもそも海水アクアリウムをちょっとやってみたいなぁと思っただけだから普通の水槽でいいですよ😑」

そう思ってるあなた❗ドリ丸と全く同じですね。

しか~し❗💥

サンゴに一度魅了されてしまうと、必ずや数ヶ月後に思うことは「オーバーフロー水槽にしとけば良かった‥😥」

結果的にまた新たにお金がかかるんです💥だから最初からオーバーフロー水槽に‥

と思っていたのですが「ゼンスイQQ3」が発売され、その考えに異変が生じてしまいました🤔

これなら普通の水槽でもサンゴ過密水槽を目指せるかもしれない素晴らしい商品が登場しましたので、今回は「ゼンスイQQ3」についてのご紹介をしていきたいと思います。

ゼンスイQQ3の性能について

①どのタイプのプロテインスキマー?

プロテインスキマーとは、アンモニアになる前の有機物を除去する機材で、特にサンゴ水槽には欠かすことの出来ない重要な機材ですよね🤗

プロテインスキマーと一言でいってもタイプが3タイプ存在します。

エアリフト式プロテインスキマー

エアーポンプに繫げたウッドストーンから細かな泡を作る方式。最も手軽で安価なプロテインスキマー。

ベンチュリー式プロテインスキマー

スキマー内に送る海水に圧をかけ、強い水流に空気を入れて泡を発生させます。ピンホイール式や、ベケットヘッド式もこのタイプとなります。

ダウンドラフト式プロテインスキマー

自然の原理を応用した方法で、ドライボールに強い水流を叩きつけることで、細かな泡を生み出します。かなりの大型水槽向きですから、一般家庭の水槽で用いることはほとんどありません。

「ゼンスイQQ3」はベンチュリー式プロテインスキマーとなります。

外掛け式のプロテインスキマーも各メーカーから様々発売されていますよね。海道河童、マメスキマーあたりは、初めての水槽で使用された方も多いのではないでしょうか(ドリ丸も最初は海道河童でした)でも、この二つはエアリフト式の為、能力はとても小さいんですよね😅

海道河童の性能について解説!

他に外掛け式で、QQシリーズと同じベンチュリー式なのと言えばやはり、海道達磨でしょう🤗ドリ丸も、2個目のプロテインスキマーは海道達磨と、ゼンスイQQ1で悩みましたが、海道達磨にしました。

海道達磨の性能について解説!

海道達磨とゼンスイQQ1でしたら、同じ価格帯ではありますが、能力は海道達磨の方が上です👍

しか~し❗

これまでは外掛け式プロテインスキマーの中では海道達磨がベストと思ってましたが、QQ3を見て、外掛け式プロテインスキマーでは「ゼンスイQQ3」が最強となりましたね🎉

②どれ位の水量に対応出来るの?

ズバリ300リットルです👍普通の水槽でしたら120センチ水槽にも適応出来ますから、これはかなり凄いですよ🤗

これまでは60センチ水槽まで対応の「ゼンスイQQ1」が昔からあったわけですが、そのハイパワーモデルとしてこの度「ゼンスイQQ3」が登場したという訳なんです。

よく「プロテインスキマーはギリギリの適応水量のものを選ぶよりも、オーバースペックのものを選んだ方がいい」とされています。

仮に60センチハイタイプの普通の水槽で、サンゴ過密、お魚さんも過密にしたいと考えるのであれば、この「ゼンスイQQ3」はかなりの威力で汚れを取り除いてくれるプロテインスキマーです👍

③QQ3は音は静かなの?

QQ3に採用されているポンプはDCポンプでしから、かなり静かです。吸気音を押さえてくれるサイレンサーも付いていますから、感覚的には無音に近いですよ。

寝室に水槽を置きたい方にも最適だと思います👌

④掃除は簡単?

汚水カップも簡単に取り外す事が出来る為、日々のメンテナンスはやりやすい構造になっています🤗

また、ベンチュリー式の為、エアリフト式のようにフィルターやウッドストーンの交換も必要ありませんので掃除は楽です。

⑤操作は簡単?

箱から出してすぐに使えるほど簡単です🤣イージースタート機能が搭載されている為、泡の水位調整も簡単に出来ますよ。「説明書を見るのが嫌❗」という方にも打って付けだと思えます。

プロテインスキマーの汚水って人それぞれの考え方があるものです。汚水の濃度も簡単に調節出来ますので、あなた好みの汚れが簡単に取れますよ🤗

⑥泡戻りはしない?

絶対にしません❗とは言い切れないですね🤔一応、泡戻りを防ぐスポンジは付いてはいますが‥う~ん、ここは正直貧相さを感じてしまいましたから。

⑦オーバーフロー水槽にも付けられる?

このQQ3の主なターゲット層は、オーバーフロー水槽ではない普通の水槽を使用している方の為に、水槽の縁にかけるだけの簡単設置にしています。

しかしながら、ゆくゆくはオーバーフロー水槽にサイズアップされた方でも、サンプに取りつける事が出来る為、使用は可能です。

汎用性が高いこともメリットの一つでしょうね🤗

⑧サイズ等はどれ位?

【サイズ】W203×D150×H405mm

【ポンプ出力】DC12v 10w

【可能な水槽厚】4~22mm

まとめ

初めてのプロテインスキマーどれにしようかなぁ🤔と悩まれている方にとっては将来サイズアップするかもしれない、将来オーバーフロー水槽にするかもしれない事を考えれば、長きに渡り使用可能な「ゼンスイQQ3」は魅力的なプロテインスキマーだと思えましたよ🤗

ドリ丸「アクアリウムクリエーター」を取得!素顔も公開✨

タイトルとURLをコピーしました