海水アクアリウム検査に便利なアイテム❗「スマートスターラー」の使用感とは❔

機材

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

先日ドリ丸が毎週土曜日に楽しみにしている「ショートマンTV」で初めて知った衝撃の機材がこちら❗

海水アクアリウムチャンネル『ショートマンTV』

「スマートスターラー」

ドリ丸がいろいろ言うよりショートマンTVを見たら分かります🤗この機材の素晴らしさ、そして有り難さが🤣是非ともショートマンTVをご覧下さい。

欲しくて堪らなくなり、いざ注文しようとしたら売り切れ😱どこのショップ見ても売り切れ😱

そして、そしてついに届きましたぁ🎉やっとの思いで手に入れた「スマートスターラー」の威力を今回はご紹介していきたいと思います。

スマートスターラーとは❔

この機材、ずばりテスト試薬を撹拌してくれる機材です。なので、海水アクアリウムをされていない方でしたら、全くもって価値も何もないと思われるでしょう😅

しか~し❗

海水アクアリウムを趣味としているアクアリストにとってみたら、神アイテムと言っても過言ではない程素晴らしい商品でした😍

あなたはいつも何の水質検査をしますか?

サンゴ水槽をされている方でしたら、日々の水質検査がいかに大切かは分かりますよね。ましてや添加剤を使用されるのであれば、現状の水質を知りもしないで添加剤を入れるのは水質崩壊に繋がりかねませんからね。

【持っていたら安心の水質検査薬】

ドリ丸も週に1度、「硝酸塩」「リン酸塩」「KH」「pH」「カルシウム値」「マグネシウム値」計6つの水質検査をしています。

「〇〇を入れて〇秒振る。次に〇〇を入れて〇秒振る。最後に〇〇を入れて〇秒振って下さい」

以前はですね、理科の実験やっているようで楽しかったんです‥でも今は正直面倒くさくなってきてたんですよね😭

ドリ丸と同じ思いの方でしたら、もう手放すことが出来ない一品ですよ🤗

①中身について

・スマートスターラー本体

・USBケーブル

・マグネットとマグネットを取り出す棒

・取り扱い説明書

②動作時間はどれ位?

フル充電で8時間使用できますから、一度充電されたらかなり持ちますよ。空っぽの状態からフル充電には120分かかります。

③スマートスターラーの使い方は?

1、試験管をセットする

2、試験管の中にマグネットを入れる

3、それぞれの検査に必要な飼育水を入れる

4、スイッチオン

※試験管のマグネットが超スピードで回ることで、飼育水が竜巻のように撹拌されている事が分かるはずです。

スイッチオンしてから5分後には自動で止まるようになっています。

5、後は説明書通り試薬を入れていく

手で持って一分間もフリフリしなくていいんです❗🤣勝手に物凄い勢いで試薬が溶けていくんです❗🤣

正直一分待たなくても溶けてるんじゃない?と思える程の竜巻が試験管の中で行われていますから感動物ですよ👍

④スマートスターラーを使用するメリットとは?

~確実に溶けるので数値が正確~

試薬を使っている方であれば分かって頂けると思いますが、何個も検査してると、多少溶けきってなくても「まぁこのくらい大丈夫だろぅ😅」と思って次の行程いくことないですか?

ドリ丸は度々ありました。

先程も申し上げましたが、スマートスターラーに溶け残りなんていう事は絶対に起こりません。

そうなると、数値の信頼性は100%です。間違いない数値をはじき出せるからこそ、適切な添加剤の量を入れることができますからね🤗

~色の変化が見やすい~

これはカルシウム値、マグネシウム値を検査してみて実感できましたね。スマートスターラー本体が真っ白な為、試験管の中の色の変化が本当に分かりやすいんです🤩カルシウム検査薬って、最後の一滴一滴が慎重になるじゃないですか。

一滴入れて色の確認、もう一滴入れて色の確認、後もう一滴かな?これが今までのドリ丸でしたが、スマートスターラーを手にしたドリ丸は、色の変化がすぐに分かるスマートスターラーのおかげで、格段に検査スピードが早くなりましたよ🤗

~とにかく疲れない~

本当に疲れないんです🤗ただただ、試薬を入れたら完成な訳ですから、もうこの便利さを知ってしまったら元には戻れないですよ。

いったい誰が開発されたのかは存じ上げませんが、海水アクアリウム界の「神アイテム」です✨

⑤注意点は?

~マグネットと棒は無くさないこと~

試験管に入れるマグネットは米粒大くらいの大きさしかありませんので、床に落としてしまったら見つけるのに苦労してしまいそうです😅正直、このマグネットがスマートスターラーの心臓部分でしょうから無くさないように注意です。

そしてマグネットを試験管から取り出す為の棒がないと、小さなマグネットを取り出す事が困難になります。ただ、仮にこちらの棒は無くしたとしても、マグネットがくっ付くもの(ピンセット等)があれば代用は出来そうです👌

~マグネットは必ず洗って水気を取って使用~

ここが最大の注意点かもしれません💥何個も同時に検査していく中で、うっかりマグネットを取り出し、そのまま別の試験管に入れたら、前の試薬を付着させたまま別の試薬が混ざる結果になりますからね😫

必ず1回1回飼育水で洗って(水道水はダメです)タオルでしっかり拭いてから次の試験管に入れる必要があります。

まとめ

サンゴ水槽をされている方でしたら、きっと重宝する商品であることは間違いありません✨ドリ丸は、もしもこれが壊れたら、必ずまた買うでしょう。もぅ決して手放せない機材となりましたから🤗

タイトルとURLをコピーしました