ムラサメモンガラの飼育は難しい❔

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

今回ご紹介するお魚さんは「ムラサメモンガラ」

美しいカラーリングをした海水魚はこれまでも沢山ご紹介して参りましたが、このムラサメモンガラは別格です❗このカラーリングはまさにアート作品ですよ😍

基本モンガラ系は独特な色彩の為、人気種が多いものです。モンガラカワハギ、タスキモンガラも非常に美しいですが、個人的にはムラサメモンガラが一番好きですね🥰

その海水魚いれるのちょっと待った!飼育が難しい海水魚ですよ!

タスキモンガラの飼育は難しい?

「こんなにも美しいならお値段も高いのでは?」

そう思いますよね😁安心して下さい🤗ムラサメモンガラ、現在の相場価格2000円~3000円と非常にお求め易い価格となっております。

ムラサメモンガラの特徴、及び飼育の仕方について

よく沖縄でスキューバダイビングしてる方から「ムラサメモンガラに噛まれた❗」というお話を聞いた事はありませんか?

ドリ丸も見かけた事はあるのですがそれはそれはアート作品でしたよ。近くで見たいと思いそっと近づいて見たのですがダメでしたね。

警戒心が非常に強いんです。

「じゃぁ人間を噛むという話は嘘?」嘘ではないでしょう。

ドリ丸は未経験ですが、ムラサメモンガラは繁殖期になると、近づくもの全て噛んで攻撃をしてくるとの事。くれぐれも繁殖期のムラサメモンガラにはご注意を❗

①学名は?

Rhinecanthus aculeatus

②餌付けは簡単?

簡単です🤗自然界では海藻も食べてますから植物性の人工餌もたまには与えてあげて下さい。

たまには⁉️🤔

はい😥ムラサメモンガラはあるものも食べてしまいますから基本は動物性の人工餌を与えて下さい。

餌付けが簡単で丈夫な為、ムラサメモンガラの飼育は簡単ということになります。

③混泳は大丈夫?

基本的には警戒心も強くおとなしいので他のお魚さんとの混泳は可能です(モンガラカワハギは必ず一匹飼育ですけどね)

ただし❗ムラサメモンガラ、甲殻類は食べてしまう可能性がありますから、水槽内に小さなエビやカニを入れているのであれば万が一も有り得ますから注意が必要です❗

モンガラ系の中では混泳はさせやすい部類のムラサメモンガラですよ🤗

④水温は何度飼育?

25℃前後の水温であれば問題なく飼育できます🤗水温変化にも弱くはないですが、やはり水槽用クーラー、ヒーターは必須となります。

⑤サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です🤗モンガラカワハギは、サンゴも食べてしまう為絶対にサンゴ水槽には入れる事は出来ませんが、ムラサメモンガラはサンゴを突く事はあっても食べたりはしません👌

⑥どれくらい大きくなるの?

約30センチ程にはなります🤗ムラサメモンガラを飼育されるのであれば、120センチ水槽はせめて必要と思っておいた方が良いでしょう。

まとめ

多数の色彩を身に纏う本当に美しいムラサメモンガラです😍大きな水槽に30センチクラスのムラサメモンガラが泳いでいるなんて、それはそれは立派なインテリア水槽になること間違いなしでしょうね🤗

タイトルとURLをコピーしました