スイスガードバスレットの飼育は難しい❔

スイスガードバスレット 海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

今でこそ海水アクアリウムを自宅で趣味とされている方の人口は1,000人中2~3人となりましたが、まだまだ少ないですね😅

このドリ丸日記も1人でも多くの方へ、海水アクアリウムの楽しさを広めたくて毎日記事を更新してます。

まだまだ日本で海水アクアリウムを趣味としている方がごくごく少数だった時代、ショップの水槽で見かけていたバスレットと言えば「ロイヤルグラマ」か、今回ご紹介します【スイスガードバスレット】位だった事を記憶しています。

今は人気のバスレットと言えば「キャンディーバスレット」だと思いますが、いかんせん値段が20万程しますから、ドリ丸のような庶民には手が出せない高級魚です😭

ロイヤルグラマの飼育は難しい?

キャンディーバスレットとはどんな海水魚?

でもですね❗🤗スイスガードバスレットでしたら、何とか頑張れば買えない金額ではないですよ。約25,000円~35,000円で購入する事が出来るバスレットとなります。

スイスガードバスレットとは❔

キャンデーバスレットを華やかなバスレットと称するならば、スイスガードバスレットは渋さがありますね🤗

落ち着いたストライプの模様が印象的なスイスガードバスレットです✨

①飼育は難しい?

飼育そのものは至って簡単です🤗餌付けも簡単で、水槽投入直後はクリルの方を好んで食べると思いますが、しばらくすれば難なく粒エサも食べるようになります。

②水温は何度位で飼育?

ここはちょっと注意が必要です💥スイスガードバスレットは、カリブ海の深場から採取されています。キャンデーバスレットと同じですね。

深場から採取されるというお魚さんに共通している事は、高温を苦手としている点です。スイスガードバスレットを飼育していく上で理想的な水温は23℃前後、一般的な海水魚は25℃と言われていますが、スイスガードバスレットは低目の方が元気を維持できます👌

③病気はしやすい?

スイスガードバスレットは、水質の低下には弱いお魚さんです。その為、水槽に目一杯お魚さんが入っている海水魚水槽では、水が汚れやすく、結果スイスガードバスレットは白点病を引き起こす可能性が高まってしまいます😥

その為、出来ればスイスガードバスレットは清浄な水質が保たれているサンゴ水槽で飼育していかれた方が長生きはしますよ。

④混泳は大丈夫?

スイスガードバスレットを入れる水槽に「ニセモチノウオ」「ニセスズメ」が既に入っているのであれば、混泳はさせられないと思って下さい💥

相性が最悪な組合せで、スイスガードバスは追いかけ回され、⭐になってしまいますから😱

逆にベニハゼなどの小型種、グラスシュリンプが入っている水槽にスイスガードバスレットは入れられません💥

なぜかって?スイスガードバスレットが食べてしまうからです。

上記以外の種との混泳は大丈夫ですよ🤗

⑤サンゴ水槽に入れても大丈夫?

遠い昔、ようやく日本でもサンゴ飼育が普及され始めた頃、その水槽に入っていたのがスイスガードバスレットな訳ですから、逆にサンゴ水槽にぜひとも入れてあげて下さい✨

⑥どの位大きくなるの?

成長すると9センチ程の大きさになります。

まとめ

すでにサンゴ水槽を立ち上げられているのであれば、スイスガードバスレットは比較的容易に飼育する事が出来ます。

こういった体形で、シャープさと美しいストライプのカラーリングをしているお魚さんは中々いませんからね🤗

タイトルとURLをコピーしました