リン酸塩値に合わせたシーケムのリン酸吸着剤が凄い❗

アクア用品

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

一昔前のサンゴ飼育(特にミドリイシ)の常識と言えば「硝酸塩値は必ず0でなければならない❗」でしたよね。もちろん今でも硝酸塩値は0に近い方が状態よく飼育はできるのですが、海外のアクアリストの方々で、あえて硝酸塩値がある中で美しいミドリイシを育てられている様子を目にします😍

しか~し❗

リン酸塩はダメです❌リン酸塩は生体にとっての栄養でもありますから全くない0もダメですが、高くなってしまうと、どうしてもサンゴは不調を来してしまうものです😫

いかに低い数値を安定的に維持できるかが、アクアリストの腕の見せ所でもあります。

【リン酸塩が高くなる原因】

・魚の数が多く餌を沢山与えている水槽。

・RO水ではなく水道水で水かえを行っている。

・水かえの頻度が少ない、もしくは量が少ない。

・底砂の入れ替えを何年もせず、底砂が汚い水槽。

こういう事から水槽内にはどんどんリン酸塩やケイ酸塩は蓄積されてしまいますからね🥶ちなみに自然界の海ではリン酸塩値は検出されることはありません。

じゃぁどうするか?🤔

吸着剤で取り除いてあげることが最も効果的なやり方です👌各アクアメーカーから様々なリン酸除去劑が発売されているのですが、今回ご紹介する【シーケム社】から発売されているリン酸除去劑は、本当に考えられた商品でしたよ。

さすがは、アメリカにおける最優秀リン酸除去劑受賞で実証された代物です🤩

現状のリン酸塩値に合わせた吸着剤を選ぶ事

まずはなんと言っても、自分の水槽のリン酸塩値を知らないと何も始まりません。ドリ丸水槽では、この検査薬が一番正確でしかも使い方が簡単な為、こちらの商品を愛用しています。

【プロテストキット】

ではなぜシーケムのリン酸除去劑が素晴らしいかと言うと、現状のリン酸塩値に対して3パターンのアブローチの仕方があるからです🤗

3パターン?

つまりこういう事です。

【パターン1】

明らかにリン酸値が高く、サンゴの調子が悪い。プロテストキットの数値が0.2以上も示し、一刻も早くリン酸塩値を下げなければならない場合。使用するリン酸吸着剤は【フォスネット】を使用します。

【パターン2】

リン酸値が少なくプロテストキットの数値も0.02前後。良好な水質を保ってはいるが、しかし餌を与える以上少しづつリン酸値が上がる可能性もあるので、リン酸値を下げると言うよりも、現状をキープさせたい場合。使用するリン酸吸着剤は【フォスガード】を使用します。

【パターン3】

プロテストキットの数値が0.1前後。今のところサンゴに不調は見られないものの、急激にリン酸値を落とすのではなく、ゆっくりと少しづつ、なおかつ確実に落としていきたい場合。使用するリン酸吸着剤は【フォスボンド】を使用します。

①リン酸吸着剤【フォスネット】とは?

~フォスネットの特徴~

フォスネットは高密度多孔質で強い吸着力を持つ酸化鉄の粒状ろ過材です。高いリン酸塩値が出ていた場合昔から愛用されている【ローワフォス】と同じ感じです🤗

ローワフォスの使用感について!

使用前、水で軽くすすぐ訳ですが赤さびの様な色が出ますよね「こんなの水槽に入れて大丈夫なの⁉️🥶」と思ってしまうレベルの色ですがご心配なく。

シーケムのリン酸吸着剤の中では最大の吸着能力があるのが【フォスネット】で、その吸着力は1.41mg/gとなります。

ただし❗こちらのフォスネットは、リン酸塩値が明らかに高い為サンゴが調子を崩していて、一刻も早く下げなければならない場合のみ使用して下さい。水質は本来、急激に変化させる事はよくない行為ですからね。

フォスネットは、交換樹脂ではないので1度吸着したリン酸やケイ酸を水中に放出することはありません。

フォスネットの寿命は?🤔と聞かれたら一概には言えません。リン酸の数値が上がり出さない限り効力は継続されていますからね。さらに、一度ろ過層から取り出して乾燥させても、吸着効果が戻らなくなるまで使用出来ます🤗

~フォスネットの使用方法~

実際使用してみて思う事は、海水の場合200リットルに対して100g、と書かれていますが、それよりも若干少ない量から入れ、少しずつ追加しながら規定量にする方がサンゴにストレスをかけることなくリン酸除去に成功しました👍一気に入れると、水質変化に弱いミドリイシが白化しましたからね😭

何かしらのネット(ドリ丸は100均の茶ごしフィルター使用)に入れ、ろ過層の水流が強いところにセットします。ちなみにドリ丸水槽では、マルチリアクターに入れています。外部式フィルターの方はその中に入れて大丈夫です。

バイオペレットリアクターをマルチリアクターとして使用してみた!

投入して3日後、7日後にリン酸値を計測し数値の変化を確認していきます。正直、フォスネットを入れて数値が下がらなかった事は今まで1度もなかったので、仮にこれで下がらないのであれば、底砂の中に大量のリン酸やケイ酸が蓄積しまくっている恐れがありますので、底砂掃除をまずはやってみる事をお勧めします。

~フォスネットの注意点~

この酸化鉄系のリン酸吸着剤を使用すると一気にリン酸塩値は下がります。ですが、即効性はありますが持続性がないのがフォスネットの弱点である事は知っておいて下さい。定期的に交換しないと水質が酸化してしまい、逆にサンゴにとっては住みにくい環境としてしまいます🥶

外部式フィルターに入れたのはいいが、半年間も入れっぱなしだった❗なんて事にはならないようにして下さいね😅フォスネット使用の際は【◯月◯日投入】と書いてフィルターに張り付けておかれたら良いですよ。

②リン酸吸着剤【フォスガード】とは?

~フォスガードの特徴~

こちらは今のリン酸値を維持したい方が使用するにはうってつけのリン酸吸着剤です👌「リン酸値を下げる為に入れたのに全然リン酸値が下がらん❗」フォスガードを入れてその様な経験をした方もいるかもしれません。下げたいのであれば他の2つを使用されて下さい。

水かえはRO水を使用、水量に対してお魚さんが少ない、底砂のメンテナンスもしっかり行っている、水かえも週に1度しっかり行っている、こういった方の水槽からはリン酸塩値もケイ酸塩値もほとんど検出はされないものです。こういう方の水槽こそ【フォスガード】を使用する意味があります🤗

餌には必ずリン酸は含まれていますから、その分を吸着してくれればという感じでの使用に最適で、吸着能力は0.87mg/gです。

フォスガードは、天然海水と同様の水質を維持する為に、リン酸塩ケイ酸塩を吸着除去する水質維持劑で、素材は酸化アルミナとなっています。効果を高めるために、高密度多孔質になっており、水の流れに最適なビーズ形になっているのが特徴でもあります。

もちろん、フォスガードも一度吸着したリン酸塩やケイ酸塩は水中に戻すことはありません。

さらに❗こちらのフォスガードは、フォスネットと違って、仮にずっと外部式フィルターに入れっぱなしにしていたとしても酸化する危険性はないので安心です🤗

~フォスガードの使用方法~

海水200リットルに対して85mg使用します。フォスガードの場合は、一気に規定量を入れても水質を急激に変化させる事はしませんので大丈夫です👌

こちらも何かしらのネットに入れ水流の強い場所に設置します。リン酸値が元々少ない水槽で、効果は3~4カ月持続します。

~フォスガードの注意点~

水槽に入れる前に必ず水ですすいでから水槽に入れて下さい。フォスネットの様に赤さびの色は出ませんが、フォスガードは最初だけ水がかかると熱を発するんです🥶そのままろ過層にドボンしちゃうと、水槽の中の水温変化の恐れがあります。

③リン酸吸着剤【フォスボンド】とは?

~フォスボンドの特徴~

ドリ丸てきには、このフォスボンドが最もお勧めできるリン酸吸着剤でした🤩

このフォスボンド、先程ご紹介したフォスネット(酸化鉄)とフォスガード(アルミナ)を一つにブレンドしたハイブリッド吸着剤なんです😍両方の商品の長所をあわせ持った革命的な吸着剤です。吸着能力は1.19mg/gとなります。

確実にリン酸塩値を下げ、入れっぱなしにしていても酸化する事がない為、水質を悪化させることがありません。

ではどんな水槽に合っているかと言えば、リン酸塩値が0.1前後でリン酸を急激にではなくゆっくりと下げていきたい水槽にはもってこいの吸着剤となります🤗

苔の原因となるリン酸塩とケイ酸塩を水中に戻さずに吸着ろ過し、長期的に効果を持続させます。もちろん、フォスボンドも交換樹脂ではないので、一度吸着したリン酸もケイ酸も放出することはありません。

またフォスボンドも、ろ過層から取り出して乾燥させても、吸着効果がなくなるまで再利用可能となっています。

~フォスボンドの使用方法~

海水の場合200リットルに対して100mlです。フォスボンドも急激な水質変化は起こしにくいので、そのまま規定量を入れて大丈夫でした👌

他の2つ同様、ネットなどに入れ水流の強い場所に設置します。外部式フィルターであれば、フィルター上部に置かれて下さい。

数日後、リン酸塩値を測定して数値が落ちていることを確認していきます。規定量入れて下がらなかった事はありませんが、もしも下がってないようでしたら、追加するようにと説明書には書いています。

~フォスボンドの注意点~

見た目は目の粗い砂⁉️といった感じです。こちらも使用前にはしっかりと水洗いをしてから水槽に投入して下さい。

まとめ

お魚さんが増えたりする事により、水槽内のリン酸塩値は変化していくものです。ご自分の水槽の状態によって、リン酸塩、ケイ酸塩をコントロール出来るシーケムのリン酸吸着剤❗素晴らしい商品だと思いますよ🤗

タイトルとURLをコピーしました