クルマダイの飼育は難しい❔こんな二頭身の海水魚がいるなんて…

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

様々な海水魚を見てきたつもりのドリ丸も、今回ご紹介する「クルマダイ」を水槽で初めて見た時は驚きましたよ🤩

まるでアニメの世界から飛び出してきたかのごとく奇妙な海水魚でしたから😆

【クルマダイの特徴】

・体の長さに対して体高が高い❗素晴らしい程の二頭身。

・目が異常に大きい

・体が卵形

こんな不思議なお魚さんを自宅の水槽で飼えるのか⁉️と思う方もいるでしょうが、ちゃんとアクアリウムショップでごく稀に販売されています👍

飼育にチャレンジされる方は中々いないとは思いますが、このマンガみたいなクルマダイの紹介をしていきたいと思います🤗

クルマダイの飼育の仕方について

①学名は?

Pristigenys niphonia

②餌付けは簡単?

クリル等をすぐに食べてくれるのでクルマダイの餌付けは非常に簡単です🤗

③混泳は大丈夫?

要注意です❗クルマダイは自然界では、小魚や甲殻類を食べていますから、水槽内にそういった生体が入っていたら、一網打尽に食べられてしまいますよ😭

「だったら食べられない位の大きなヤッコや、チョウチョウウオとの混泳は大丈夫なんじゃない?」

ダメです❌クルマダイの飼育は基本、単独飼育が望ましいのです。

④水温はどれくらいで飼育するの?

なぜ単独飼育が望ましいかと言うと、クルマダイはやや深場に生息している為、水温は20℃前後の低い水温での管理となります。

そんな低い水温では、ヤッコや、チョウチョウウオ飼育は出来ませんからね😅

⑤サンゴ水槽でも大丈夫?

サンゴを食べる事はありませんが、やはり20℃という低い水温で管理出来るサンゴとなると限られてきます。クルマダイの入った水槽にサンゴを入れるのであれば、低い水温でも溶けないサンゴを選ぶ必要があります。

⑥どれ位大きくなるの?

約25センチです。小型水槽での飼育は厳しいですね。

まとめ

非常にレアな海水魚「クルマダイ」をご紹介させて頂きました🤗まぁ、初めての海水魚飼育でいきなりクルマダイ飼育を試みる方はそうそういないとは思いますが、こういう海水魚も自宅に一匹いると楽しいかもしれませんね✨

タイトルとURLをコピーしました