飼育しやすい「ハナダイ」ベスト10

未分類

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

様々な海水魚を飼育している水槽には、必ずと言っていい程、何かしらのハナダイが入っていますよね🤗

赤やピンクやオレンジといった色彩を持つハナダイが郡泳させている水槽はとても華やかになるものです。

今回はそんな人気種のハナダイで飼育しやすい個体を10種類厳選し、さらにドリ丸行きつけのショップの店長にもご協力頂き、ベスト10のご紹介となります👏

「ハナダイ飼ってみたいけど餌付けが難しいそう🤔」と思われている方への参考になれば幸いです。

餌付けが簡単なハナダイベスト10❗

【第10位】

【アカオビハナダイ】

丈夫で飼育はしやすいが、気性が荒いので穏和なお魚さんとの混泳は少々気を付ける必要があります。オスの体にはくっきりと赤い帯が入りますが入るので「アカオビハナダイ」と呼ばれている。

しかし…メスはピンク一色なんですけどね😅

【第9位】

【バートレットアンティアス】

飼育しやすい理由に、とにかくタフで気性が強い。大型ヤッコとの混泳も難なくこなしてくれます👌

【第8位】

【フタイロハナゴイ】

こちらもタフさで言ったらパートレットアンティアスに引けをとらない程の強さです。当然の事ながら大型ヤッコ水槽でも十分飼育は可能です。

飼育もしやすく非常に丈夫なハナダイです。

【第7位】

【スクリブルドアンティアス】

丈夫で飼いやすいハナダイですが、減圧症には注意が必要です。ハナダイと言えばオスは美しく、メスは普通といった印象ですが、スクリブルドアンティアスは、メスもピンクと黄色でハデハデ感満載です。

オスメスのペアで泳がせると水槽内は豪華になります🤗

【第6位】

【マルシアズアンティアス】

丈夫で飼いやすい為、ハナゴイ初心者にも向いています。日本へはスリランカ便で届く美種です。

【第5位】

【アサヒハナゴイ】

ハナゴイ人気投票があれば、必ずや上位に入ってくる程の人気種です。金額が高い為、躊躇される方も多いでしょうが、アサヒハナゴイは案外飼育しやすいため、年単位で水槽を豪華に彩ってくれます🤩

【第4位】

【ハナゴンベ】

ハナダイと言えばスレンダーな種が多い中、ハナゴンベは丸みをおびた愛嬌さが売りです😁飼育もしやすく丈夫ではあるのですが、ハナゴンベはビビりです😅

餌付けで心配することはありませんが、混泳相手には注意しないとライブロックの隙間から出てこなくなるかもしれませんよ。

ハナゴンベの飼育は難しい?

【第3位】

【ベントラリス】

非常に人気の高いハナダイです。性格も穏和で混泳させやすい上に餌付けも簡単ですから、まさに初心者でも安心して購入出来るハナダイです。

【第2位】

【アカネハナゴイ】

どこのショップにも置いてますからポピュラーなハナダイです。非常に丈夫で、餌付けもすぐに人工餌を食べてくれますから容易です。水槽から飛び出しやすいので、水槽蓋はお忘れなく。

アカネハナゴイの飼育は難しい?

【第1位】

【キンギョハナダイ】

ハナダイの中では最もメジャーであり、丈夫であり、人工餌もすぐに食べると言った3拍子揃ったハナダイです🤗

複数匹入れる事で、ピンク色の乱舞はかなり魅了されますよ😍

キンギョハナダイの飼育は難しい?

まとめ

今回ご紹介した10種類の中から選ばれれば、初心者の方でも餌付けに苦労することはないでしょう👌

まずは飼育のしやすいハナダイから入り、将来的にはパープルクイーンの様な餌付けが超難しいとれるハナダイにチャレンジされてみてはいかがでしょうか🤗

ハナゴイの飼育は難しい?

パープルクイーンの飼育は難しい?

タイトルとURLをコピーしました