スターリードラゴネットの飼育は難しい❔

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

ネズッポ類の人気投票をした場合、おそらくマンダリンに次ぐ第二位に来るであろうお魚さんと言えば…

「スターリードラゴネット」ではないでしょうか😍(個人的な感想です)

今回は非常に人気の高いスターリードラゴネットにスポットを当ててご紹介していきたいと思います🤗

スターリードラゴネットの特徴、及び飼育の仕方について

①学名は?

Synchiropus stellatus

②餌付けは簡単?

人工餌の餌付けは非常に難しいと思って下さい🤗ただし、マンダリンに比べれば冷凍餌は食べてくれる可能性は高いので、水槽に投入したらまずはこまめにコペポーダを与えてみると良いですよ👌

コペポーダやホワイトシュリンプを食べるようになったら、そこに少しずつ人工餌を混ぜながら人工餌の餌やり付けをしていきます。

個体差にもよりますが、スムーズに人工餌に移行できる場合もあれば、全く見向きもしない個体もいます。

スターリードラゴネットは丈夫で病気にもなりにくいので育てやすいのですが、難関やはり餌付けですね😅

③混泳は大丈夫?

他種とは問題なく混泳可能です🤗性格も穏和ですから、自分から攻撃を仕掛ける事はありません。

がしかし…

水槽内にスターリードラゴネットのオスを二匹入れてしまうと、恐ろしいバトルが繰り広げられますから要注意です。

オスとメスであればペアにはなりやすいので、仲良く2匹で泳ぐ姿は可愛らしいのでお勧めです。

また、マンダリンとスターリードラゴネットも体型は似てはいるのですが、上手く混泳させている方は多いですね。

④サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です🤗むしろスターリードラゴネットはサンゴ過密水槽に入れてあげた方が長期飼育しやすいお魚さんです。サンゴ水槽には様々な微生物が存在しますから、人工餌を仮に食べなくても微生物を食べ丸々太ってくれますよ👌

⑤水温は何度飼育?

水温変化にも強いスターリードラゴネットですが、基本は25℃管理となります。水槽用クーラー、ヒーターを完備し、1年通して水温管理をしてあげて下さい。

⑥どれくらい大きくなるの?

約8センチです✨オスはメスに比べてひとまわり程大きく、オスは第一背鰭が非常に大きいのですぐに見分けはつきます。

まとめ

成熟したオスの立派な背鰭は見ていて迫力げありますから、1匹だけを購入するのであれば、断然オスがお勧めです👌

水槽サイズに余裕があるのであれば、ペアで水槽に入れておくとスターリードラゴネットの産卵行動も見れるかもしれませんよ🤗

タイトルとURLをコピーしました