ペルクラが白点病に❗早期発見なら簡単に治せます。

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

2週間程前にドリ丸水槽にやってきたペルクラクラウンアネモネフィッシュ。2匹仲良くハナサンゴにモフモフしていたのですが…

1匹のペルクラに白点を発見❗よくよく観察してみると、背びれに1つ、尾びれに1つ、胸びれ付け根に1つ、計3つの白点が付いているではないですか🥶

泳ぐ姿は元気そのもの。餌もバクバク食べているので、食事療法で白点を撃退しようかとも考えたのですが、こちらの水槽にはゴマハギとパウダーブルータンが入っている為、白点病が蔓延する可能性もあり、今回はペルクラを取り出し薬浴することに致しました。

白点病の治療の仕方について

今回は、症状から軽度の白点病と判断した為、薬は「ヒコサンZ」を使用致します。重度の場合でしたらグリーンfゴールド顆粒を使用されることをお勧めします👌

海水魚白点病治療の常備薬!「ヒコサンZ」の効果とは?

①白点病治療の際の準備品

・ヒコサンZ

・10リットルバケツ×2

・水温計

・ヒーター(水温調節出来るタイプ)

・エアレーション

・点滴キット

・プラケース

②白点病治療の手順

①薬浴バケツを作る

海水比重1.020の海水を10リットル作ります。病気治療の場合、低比重(1.017~1.020)で行うことが基本です。また、薬浴する場合は必ず新しい海水で行って下さい。飼育水は使用しません❌その理由は、飼育水の中には有機物が多く含まれている為、薬の効果が出にくいからです。

そこへヒーターとエアレーションを投入します。水温は少し高め(27℃~28℃)にする事でより早く白点病を撃退出来ます👌

こういった時の為にも小型で水温調節出来るヒーターがあると大変便利ですよ🤗

そしてヒコサンZを1ml入れ、よくかき混ぜたら薬浴バケツの完成です。

②白点病になった生体を取り出す

この時使用するのがプラケースです。お魚さんを取り出す際、網を使うと体に傷を付ける恐れがある為使用しません❌

今回取り出すペルクラは簡単に取り出せました。クマノミ系は、どれでも簡単にプラケースで取り出せるお魚さんですからね😄

ただし❗

ナンヨウハギや、ライブロックに隠れてしまうお魚さんの場合は、中々苦労します😅ある程度、水槽内のレイアウトを壊さないといけませんからね。

③点適法で水合わせを行う

水槽から取り出し、いきなり薬浴バケツにドボンは厳禁です❌そんなことしたら確実に弱りますからね。プラケースに入れたままでいいので、先程作った薬浴バケツから点適法で水合わせを約20分程はしてあげて下さい。

④薬浴バケツに生体を入れる

この時一番してはいけない事は、飼育水を薬浴バケツに入れてしまう事です❌その為、お魚さんは手ですくって薬浴バケツに入れてあげて下さい。

このバケツの中で4日~7日程治療を行うのですが、飛び出す危険性があるので、飛び出し防止策はしてあげて下さいね。ちなみにドリ丸の場合はいつも、100均で売られているA3のクリアケースをバケツの上に乗せています。

白点治療中は餌を与えない❗と言われる方もいますが、ドリ丸の場合は餌を食べるようであれば与えます。餌を抜くと免疫力は低下していきますからね。こちらのペルクラ、薬浴バケツの中でもバクバク餌を食べましたからいつもと同じ時間に与えていました🤗

毎日水を全部取り替えますから、フンをしてもアンモニア中毒は起こしません。

⑤24時間後、新しい薬浴バケツに移動

次の日、もう1つのバケツに初日作ったものと同様の薬浴バケツを作りお魚さんを移動させます(この時は水合わせは不要です)

お魚さんの移動が完了したら、昨日まで使っていた薬浴バケツから、ヒーターとエアレーションを取り出し、新しい薬浴バケツにセットするのですが、必ず水道水で軽く洗ってから投入して下さいね。

明日は初日に使ったバケツを使用し、また同様の薬浴バケツを作るのですが、バケツの底を触ってみて下さい。かなりヌルヌルしていますから綺麗にスポンジ等を使って洗っておいて下さい。

⑥4日~7日バケツリレーをしながら状態を見ていく

ドリ丸家のペルクラは、3日目新しい薬浴バケツに移動する際、白点は完全に消えていました🤗念のため4日間薬浴は行いましたけどね。

ヒコサンZで7日間使用しても効果が見られない場合は、グリーンfゴールドを使っての薬浴治療をお勧めします。

⑦点適法で水合わせをしてから水槽に戻す

ペルクラを4日間、薬浴バケツ治療を行っている間、水槽の水替えは毎日20%行っていました。ペルクラが入っている水槽は水量100リットルでしたから、20リットルの水替えですね。

せっかく治療して水槽に戻しても、水槽内に大量の白点虫が浮遊していては、また白点が付く恐れがありますからね。

水槽に戻す時も必ず点適法で水合わせをしてから戻してあげて下さい。4日間低比重(1.020)から、水槽の比重(1.025)に戻す訳ですから。

約1時間の水合わせをしてから元の場所に戻してあげました🤗

まとめ

薬浴治療が終わり数日経過しましたが、白点は付いていません👌元気一杯に2匹でハナサンゴの中でモフモフしてくれています🥰

白点病は怖い病気ではありますが、早期発見早期治療さえ出来れば、間違いなく完治させられる病気です🤗

タイトルとURLをコピーしました