止水域解消には打って付けの水流ポンプ【エコウェーブ25】の使用感を解説❗

機材

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

海水水槽、もっと言えばサンゴ水槽であれば必ず水流ポンプは取り付けていますよね。

では、その水流ポンプ何のために取り付けているのですか?🤔

いくつか理由はありますが、その中の一つとして「止水域」を作らないようにする為でもあります。

水槽内に止水域がある事により、その場所にはデトリタスが溜まり、水質悪化に繋がりますからね🥶

「うちの水槽は水流ポンプ2機付けてるから大丈夫っしょ❗」

ホントに大丈夫ですか?🤔水槽内の下の方に、サンゴの欠片やゴミが溜まっている部分はないですか?

はい❗そこ止水域です❗❌

そんな問題を解消してくれる水流ポンプこそアクアギークから発売されている【エコウェーブ】という画期的な水流ポンプだったのでした🤗

エコウェーブの使用感を解説❗

各ドリ丸水槽でも、水流ポンプは基本2機取り付けています。しかし、通常の水流ポンプの場合、水槽上部に取り付ける事が多いですよね。上部に取り付ける事により、波を再現し、水流をぶつけ合う事で水槽全体に水流が起こるようにしているのですが…

どうしても水槽下部の水流は緩やか、もしくは止水域が出来やすいものなんです🤔

【止水域になりやすいゾーン】

【水槽内の水流の強さ】

この様に、水槽上部に取り付けていることで上部には強い水流がぶつかり合いますが、下部は弱いですからね。

だからと言って、普通のウェーブポンプを水槽下部に取り付けようものなら、砂を恐ろしく撒き散らしてしまいます😣

①エコウェーブの特徴

なんと言っても縦置き出来ることです❗🤗水槽の下から上に、そしてプロペラヘッドを用いれば様々な方向に水流を起こしてくれます😍

マグネット式なので、水槽のどの場所にも設置可能です。もちろん水槽上部に取り付けたら、水面の揺らぎは作ることは出来ますが、それであれば普通のウェーブポンプでいいわけですからね。

エコウェーブはやっぱり、水槽下部に取り付け低層の撹拌により、止水域ゾーンを無くしてくれる事が最大の魅力です😍

【箱の中身】

②種類はあるの?

水槽サイズによって3種類のエコウェーブが販売されています。ちなみにドリ丸が購入したのはエコウェーブ25です。

【エコウェーブ25】

・60~90cm水槽用

・最大流量 6000L/h

・出力 5~20w

・サイズ 106×45×70mm

【ちなみにこの位のサイズ感です】

【エコウェーブ50】

・90~150cm水槽用

・最大流量 10000L/h

・出力 10~40w

・サイズ 130×56×85mm

【エコウェーブ80】

・120~200cm水槽用

・最大流量 20000L/h

・出力 10~70w

・サイズ 130×56×85mm

③音は静か?

パラフルでありながらも、DCモーターを採用している為、音は静かでしたよ。

④ヘッドは2種類ある

箱の中には、ノーマルヘッドとプロペラヘッドの2種類が入っています。1方向のみに強い水流を求めるのであればノーマルヘッド。水槽全体に水流を拡散させたいのであればプロペラヘッド。

【ノーマルヘッド】

【プロペラヘッド】

2つのヘッドを試してみて思う事は…

断然プロペラヘッドがお勧めです❗👍

⑤時間ごとの出力やウェーブパターンが変えられる

【作動パワー】

40%~100%の4段階で変えられます。ちなみに40%以下のパワーには出来ません❌

【波モード】

小刻み、ゆったり、一定流量、不規則、の4種類から選んでいきます。

【周期】

波モードのサイクル8段階

ただし❗ここで残念なお知らせ❗

このエコウェーブ、使用者の好きな時間設定が出来ないんです😫

・夜明け(5時30分~7時30分)

・朝(7時30分~9時)

・日中(9時~14時)

・夕方(14時~16時30分)

・夜(16時30分~5時30分)

この決められた時間の波をどう造るかという使用となっています。

ドリ丸水槽ではリーフLEDが夜12時に消灯し、そこからムーンライトモードに入る為、出来れば12時以降を夜の波にしたかったのですが、それが出来ない事が非常に不満となりました😤

まあ、そんな事言っても仕方ないのでドリ丸が設定した波が、下記の通りです。

・夜明け【①②②④】

・朝【②②②⑤】

・日中【③④④⓪】

・夕方【④④②⑤】

・夜【⑤③②⑤】

⑥メンテナンスは簡単?

非常に簡単です🤗ものの10秒もかからずに分解出来ます。

⑦ガラスに傷は付かない?

本体にも磁石にもラバーが付いている為、これを装着していれば傷が付く心配は全くないですね👌ただし、設置強度は弱まります。なのでドリのは、本体側のラバーは装着していますが、磁石側は取り外して使用しています。

まとめ

止水域にお悩みの方でしたら、このエコウェーブはお勧めの水流ポンプであること間違いなしです❗🤗

ただし❗これだけは要注意❗

デトリタスが溜まった水槽に、いきなりエコウェーブを取り付けると、一気に水槽にデトリタスが蔓延してしまい、お魚さんが病気になってしまいます🥶

エコウェーブを取り付ける前に、必ずデトリタスを取り除き、設置するようにされて下さい🤗

タイトルとURLをコピーしました