アカオビサンゴアマダイの飼育は難しい❔

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

昔から観賞魚として人気なアマダイと言えば何を連想しますか?🤗

今回ご紹介するのが、白い体色に一本の鮮やかな赤いラインが目を惹く【アカオビサンゴアマダイ】です。

サンゴアマダイの多くが、どちらかと言えばぼんやりとしたカラーリングが多い中、これだけハッキリとした模様を持つ、アカオビサンゴアマダイが古くから人気種であることは納得です👌

アカオビサンゴアマダイの飼育の仕方について

①学名は?

Hoplolatilus marcosi

②餌付けは簡単?

スズメダイとまではいきませんが、比較的アカオビサンゴアマダイの餌付けは容易な方です🤗

ただし❗水槽内に気の強いお魚さんばかりであったり、大きなお魚さんがいたりする場合は、多少手こずるかもしれません。

それは、アカオビサンゴアマダイの性格が超ビビりな為です😅怖がってしまうと中々エサの時間になっても出て来ない場合もあります。出来ればアカオビサンゴアマダイを初めのうちに投入して先輩魚にするか、比較的温和なお魚さんで構成してあげた方が、餌付けはスムーズにいくでしょう。

③混泳は大丈夫?

先程申し上げましたようにアカオビサンゴアマダイは小心者です。他のお魚さんにアカオビサンゴアマダイから攻撃を仕掛ける事はなくとも、攻撃を受ける事があります😥

しっかりと水槽内に枝状ライブロックを組み上げてアカオビサンゴアマダイが隠れる場所を確保してあげる事が大切です。

④サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です❗🤗アカオビサンゴアマダイは、サンゴを突く事も食べる事もしませんから、安心してサンゴ水槽に入れる事が出来ます。

⑤水温はどれ位?

アカオビサンゴアマダイが自然界での生息場所は、水深40メートル辺りですので、23℃位がベストな水温となります🤗25℃位までなら全然大丈夫ですが、高水温には要注意です❌水槽用クーラー、ヒーターを完備してあげて、1年通して23~25℃管理が出来れば長期飼育が可能です。

⑥病気にはなりやすい?

アカオビサンゴアマダイは丈夫なお魚さんです🤗多少の水質変化で病気にはなりません。やはり丈夫なお魚さんである由縁の為、昔から観賞魚として飼育されてきたという訳ですね。

⑦どれ位大きくなるの?

12センチ程ですから、小型水槽でも飼育は十分可能です。

⑧注意点は?

飛び出し事故です❗😣アカオビサンゴアマダイの死因の9割が飛び出し事故と言っても過言ではありませんからね。

せっかく丈夫で飼育もし易く長期で飼育できるはずなのに、水槽蓋をしっかりしてなかった為に⭐に、なんて事にしない為にも、飛び出し事故防止の対策はしっかりすべきお魚さんです。

まとめ

冒頭にもお伝えしましたように、アカオビサンゴアマダイの鮮やかな赤いラインは、水槽内ではかなり目立ちますよ😍

水槽を鮮やかにしたいと思われてる方には、お勧めのお魚さんです🤗

タイトルとURLをコピーしました