ネオンテンジクダイの飼育は難しい❔群れで泳がせられる海水魚です❗

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

「海水水槽でメダカが泳いでる⁉️🤔」

そうですね😅ちょっと離れた場所から見ればメダカにも見えるし、熱帯魚のネオンテトラにも見える海水魚がいます。

その海水魚こそが【ネオンテンジクダイ】なんです😍

ネオンテンジクダイの飼育の仕方

骨まで透けて見える透明感とも言うべきクリスタルな体色が特長のネオンテンジクダイです😍1匹だけではその魅力は伝わりづらいかもしれませんが、何十匹と群れで泳いでいる光景は、光が乱反射してるかのごとく非常に美しいものですよ✨

①餌付けは簡単?

ネオンテンジクダイの餌付けは簡単です👍最初はコペポーダから始められ、徐々に粒餌に切り替えて行かれたらいいと思います。

②混泳は大丈夫?

ネオンテンジクダイは見た目通り非常におとなしいお魚さんですから、気の強い性格や、水槽の中をビュビュン泳ぎ回るお魚さんとの混泳は向きません❌スズメダイ系と混泳させると、ストレスで⭐になります😥

温和でゆったりと泳ぐお魚さん(マンジュウイシモチ、カウデルニー等)との混泳は大丈夫です🤗

そして1番重要な事は、元々群れで行動するネオンテンジクダイですから、水槽内でも群れで飼育してあげることが重要です❗

最低でも5匹以上、理想は60センチ水槽でしたら20匹は入れてあげられると、安心しますので⭐になりにくくなりますよ。最大全長も4センチ程と、飼育出来る海水魚の中では最小の部類に入りますので、これだけの数を入れても問題はありません🤗

③水温はどれ位?

ネオンテンジクダイは高水温に弱いお魚さんですから23℃が理想です。実際飼育してみての感想は25℃まででしたら全然大丈夫でしたが、27℃にしてしまったら数匹⭐になりました😥

夏場の水槽クーラー設定水温はネオンテンジクダイを入れるのであれば25℃ではなく23℃にしておかれた方がいいですよ🤗

④サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です✨ネオンテンジクダイはサンゴを突く事も食べることもしませんから。

⑤注意点は?

普段の観察で体の色はよく見てあげて下さい。ネオンテンジクダイが元気な状態の時は体が透明である時です。しかし、体調が悪いと透明感が無くなり体が白濁したようになります。

ショップで購入される際も「他のと比べてなんだか白っぽいなぁ🤔」という個体は輸送により体力が落ち⭐になりかけている可能性がありますから注意して下さいね。

まとめ

ネオンテンジクダイが数十匹で泳いでいる水槽は中々の見物ですよ😍海水魚ってカラフルな体色をしたお魚さんが多いですが、そこへクリスタルなネオンテンジクダイが入る事で、何とも言えないコントラストになってくれますからね🤗

タイトルとURLをコピーしました