アカネハナゴイを1年飼育してみての感想❗

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

1年前、二匹のアカネハナゴイをドリ丸水槽にお迎えしたのですが、1年飼育してみて改めて分かった事についてご紹介していきたいと思います🤗

アカネハナゴイが飼育しやすい理由について

①とにかく丈夫❗

他のハギや、クマノミ系が病気になってもアカネハナゴイが病気になることは1度もありませんでした。病気や菌に対して非常に強いアカネハナゴイです👍

②餌をよく食べる❗

どんな餌(粒餌、フレーク、冷凍餌)でも好き嫌いなく何でもよく食べます🤗これは動物性だろうが、植物性だろうが目の前にあるものは、スズメダイのごとく口にしてくれます

③ケンカを一切しない❗

ドリ丸水槽は過密水槽にしている為、いろいろな種類のお魚さんが入っている水槽です。そんな水槽環境の中でこの1年、アカネハナゴイがケンカを仕掛ける事を見たこともなければ、虐められる事もなく、本当に仲良く泳いでいます🤗

温和なアカネハナゴイはやはり、混泳させやすいお魚さんでしたね👌

④全然臆病じゃない❗

これは複数匹入れているからこそだと思います。アカネハナゴイは一匹だけだとライブロックの隙間から出てこなくなる可能性がありますからね。

ドリ丸水槽でも二匹で入れてあげたのですが、最初の一ヶ月間位は、ライブロックの裏に隠れていましたから😅

しかし2カ月目を過ぎた辺りから、片方のアカネハナゴイの姿が完全に変わり、オスになった事が分かる程になった頃、二匹ペアで水槽中央部を泳ぎ回るようになりましたね🤩

こうなってくるとアカネハナゴイは、全然臆病なお魚さんではなくなりましたよ。

最初はドリ丸水槽のボス(ナンヨウハギ)が近くに来るだけで、ライブロックの裏に逃げていたアカネハナゴイが、今ではナンヨウハギが食べようとしている餌までも果敢に食べに行こうとする位ですからね🤗

⑤夜はベアで仲良く寝る

お魚さんは夜になると、自分の寝床をそれぞれ持っていて、お気に入りの場所でお休みします。ドリ丸水槽のアカネハナゴイは、水槽背面右のライブロックの隙間で寝るのですが、二匹がくっ付いて寝るんです🤣

これが何とも可愛らしいんです❗😍

⑥5匹がベスト❗

アカネハナゴイは群れで泳ぐお魚さんであり、また非常に美しい為やはり5匹位入れてあげることで、本当に美しいアカネハナゴイの舞を見ることが出来るでしょう。

残念ながら現ドリ丸水槽では2匹が限界の為、本物のアカネハナゴイ乱舞を目にしていません。120センチ以上の大きな水槽をお持ちの方でしたら、5匹以上のアカネハナゴイをお勧めします。

まとめ

1年飼育してみて、アカネハナゴイは初心者の方でも非常に飼育しやすいお魚さんです🤗また、沢山のお魚さんを入れたいと思われている方にも、アカネハナゴイは混泳させやすかったのでお勧めです👌

タイトルとURLをコピーしました