マンジュウイシモチの飼育は難しい❔

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

今回ご紹介するお魚さんは「マンジュウイシモチ(アポゴン)」です。

マンジュウイシモチの飼育が簡単か難しいかと言えば‥

超が付くほど簡単です🤗

正直、スズメダイと同レベル程簡単だと思えましたし、初めての海水魚される方であれば、マンジュウイシモチの方がスズメダイより安心だと思いますよ👌

マンジュウイシモチの飼育について

①混泳は出来る?

なぜスズメダイよりもお勧めかと言うと、非常に温厚なお魚さんだからです🤗スズメダイの気性は激しいですから、お魚さん同士のバトルになりやすく、飼育者にとってはストレスとなってしまうものです。

しか~し❗

マンジュウイシモチは同種混泳も出来ます。他種混泳も出来ます。

それはなぜか?🤔

マンジュウイシモチは自分以外の事には全く興味を示さないからです😄だから隣に誰が来ようが関係なし、仮に攻撃されたとしても決してやり返す事のない平和主義者なお魚さんです✨

②餌付けは簡単?

簡単です❗🤗水槽投入して、すぐにでも人工エサを食べてくれますから、マンジュウイシモチの場合、餌付けの心配をする事はないですね。何でもよく食べますが、基本的には動物性の餌を与えるようにしてあげて下さい。

③水温はどれ位?

25℃がベストです🤗丈夫なマンジュウイシモチですから、多少の水温変化で弱る事も病気になる事もありません。

しかし、真冬の20℃を切る水温や、夏場の30℃を超える水温ではさすがに⭐にしてしまいますから、水槽用クーラー、ヒーターは完備してあげて下さい。

④価格はどれ位?

1,000円~2,000円程です🤗入荷量が安定しているためマンジュウイシモチは比較的安価で購入する事が出来ます。

⑤どれ位大きくなる?

8センチ程です。小型水槽でも十分飼育は可能ですね。

⑥サンゴ水槽に入れても大丈夫?

大丈夫です❗🤗マンジュウイシモチはサンゴを突く事も、食べることもしませんから安心してサンゴ水槽に入れることが出来ます。

⑦水質変化には強い?

極めて丈夫なマンジュウイシモチですから仮に硝酸塩値が50出ていたとしても大丈夫です✨しかし、当然の事ながらアンモニアや亜硝酸塩が検知されるような水槽では死んでしまいますからね。

⑧注意点は何かある?

基本、水槽全体をゆっくりゆっくり泳ぐマンジュウイシモチですが、水槽の上部隅っこから動かなくなった場合は、他のお魚さんに虐められストレスが溜まっている時の姿です😥

基本的には安心して混泳可能なマンジュウイシモチなんですが、大型のお魚さんと一緒に入れてしまうと、隅っこに追いやられてしまう可能性もありますから注意しておいて下さい。

まとめ

見て頂いたら分かる通り、小さな体の中にスポット模様が入っていたりとカラフルなマンジュウイシモチです🤩

初めての海水魚飼育される方には、丈夫で❗安価で❗見た目も可愛らしい❗マンジュウイシモチはお勧めのおさかなさんです🤗

タイトルとURLをコピーしました