初のサンゴ導入♥

マメスナ サンゴ

ニモ、デバスズメ、カウデルニー、計五匹のお魚さんが、ケンカもせず、仲良く泳ぎ回っているドリ丸水槽でした😊

そろそろサンゴを入れて見ようか

サンゴをたくさん入れて、色とりどりの水槽にすることを目指してましたので、サンゴについての学習だけは、怠らずに頑張っていました✨

人間ってホントに不思議な生き物だなぁ、と自分の行動を見ながら思いましたよ😊

学校の勉強は、集中力が中々続かなかったのに、サンゴ辞典みたいな物を買い、それを頭に叩きこんでる時間は、あっという間に過ぎていくんですよね😆

英単語だったら、ちょっと時間が経つと忘れてしまうような頭だったのに、アクアリウムの事になると、1度頭にいれたものは忘れないんですよね😅

「好きこそ物の上手なれ」まさに、このことです❗

さてさて、サンゴにはざっくり言って二つの種類があります(細かく言えば、もっといろいろと、分類されますが、ここでは、あえて二つに分けますね)

ソフトコーラルハードコーラルです

この時点でのドリ丸水槽の設備では、飼育難易度低めのソフトコーラルしか、入れられない状況でした😅

この時に初めて、最初に買った照明を後悔したんです😢

ただ明るければいいではなく、サンゴに必要な光量の照明を買っておけば良かったと😢

しかし、すぐに照明を購入しなおすことはせず、今の照明でも飼育できるサンゴを選びました😊

それが、マメスナギンチャク、通称マメスナ❗

それと、ウミキノコです

マメスナの素晴らしさベスト6

海水アクアリウム始める方に、ショップの方がまず、お勧めして下さる一つがこのマメスナでしょう。

サンゴだけの水槽であれば、そうでもないかもしれませんが、海水アクアリウムしだすと、やっぱりいろんなお魚さんを入れたくなりますよね😆

ドリ丸もその一人です✨

そうすると、エサは必ず必要。エサをやることで、リン酸が高くなる、魚のフンなどで水は汚れ、硝酸塩も高くなる😅

以前ご紹介した事ですが、お魚さんにとって毒となるのは、アンモニア、亜硝酸ですが、バクテリアやプロテインスキマーのおかげで、この毒をお魚さんには無害の硝酸塩に変えてくれます(もちろん高すぎるのはダメですよ😅)

しかし❗しかしですよ❗

サンゴにとっては、この硝酸塩が高いのは致命的になってしまうんですよね😅

ミドリイシなんていう、ハードコーラルなんかは、硝酸塩0にしないと、一気にダメになってしまいますから。

そんな中、なぜマメスナが初心者の水槽にお勧めされるのかが次の事です。

①硝酸塩濃度の許容範囲が広い

かなり丈夫です❗少々水質が悪くても溶けることはありません。

ドリ丸水槽第一号のマメスナは今でも元気です😆

現在は4個体のマメスナを入れていますがどれも順調で、他のサンゴがダメになってもマメスナだけは、しっかり常にポリプを開き、水槽をカラフルにしてくれています✨

②照明にうるさくない

よくサンゴ飼育の本なんか見てると、メタハラじゃないとダメ❗

フルスペクトルのたっかい(ほんっとに高い照明は軽く10万超えるのもありますもんね😱)照明じゃないとダメ❗

パソコン、スマホで時間設定して照明の明るさを決めないとダメ❗

とか実際あるんですよ😅

でも‥でもですよ

この頃のドリ丸水槽の照明は、こちらの照明一つ付けていただけでしたけど、マメスナはこれでも十分でした😊

1日8時間点灯だけは、しっかりと守りましたけどね😊

③水流にうるさくない

これも照明と同じです。ハードルが高くなるサンゴを飼育する際、照明水流水質はかなり、こだわらなければ、中々長期飼育が難しくなります。

マメスナ、全く問題ありませんでした

普通に一つ水流ポンプで、全体の海水が回るようにしていただけですが、なんの問題もなく順調でした😊

④値段がお手頃価格

ホントに様々なマメスナがありますから、自分の予算と見合うマメスナを購入することが出来ます

ドリ丸は運良くヤフオクで、一円で購入したこともあります😆送料が1700円だったので、1701円で綺麗な赤のマメスナをゲットしたこともあります✨

⑤カラーバリエーション豊富

ホントにいろんなバリエーションがありますから、自分の気に入った色のマメスナを探すのが楽しいです😊

マメスナは、素人のかただけでなく、玄人の方の中にも愛好家がいるサンゴで、それだけ奥が深いと思います😊

サンゴ水槽のレイアウトしてて、ここにイエロー、ここにピンク系があればいいなぁというとき、マメスナを検索されたら、イメージ通りのカラーがあること多し❗です😊

⑥増えやすい

たったひとかけらでも、マメスナは増えていきます😆

先程、ヤフオクで一円でゲットしたマメスナは4粒でしたが、今ではライブロックをはうように、50粒程に広がりましたよ😆

マメスナ畑は簡単に作れますよ

まとめ

この様にマメスナは初のサンゴ飼育には、うってつけだと思います。

ただ、サンゴには、大なり小なり毒をもってる個体が多いです。

人間には全然大丈夫ですが、サンゴ同士が接触すると、毒の弱い方は負けて溶けてしまいます😅

マメスナは、毒は強めです❗

なので、レイアウトされれ際、増殖のことも考えて配置されるといいですよ😊

ここまで、読んでくださりありがとうございます😊

あれ⁉️確か、ウミキノコもマメスナと一緒に買ったと書いてなかったか❔

そうなんです❗

ウミキノコもマメスナと一緒に入れたんです❗

マメスナ同様、初心者には育てやすいと思ってウミキノコ買ったんですけどね😭

次回❗ウミキノコ溶けてしまいました

タイトルとURLをコピーしました