ゾウリエビの飼育は難しい❔

甲殻類

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

アクアリストの脳は【エビ】や【カニ】を見れば「これって水槽でどうやったら育てられるんだろう🤔」という事を考えませんか?

しかしそうじゃない方にとってみれば【エビ】や【カニ】は「これ美味しいのかなぁ」となるのかもしれません😣

今回ご紹介します【ゾウリエビ】は、一説によれば伊勢海老をしのぐ美味しさと噂されるエビだそうです(ドリ丸は当然食べた事はありませんがね)

食用の為ではなく、観賞用としてゾウリエビの育て方についてお伝えしていきたいと思います🤗

ゾウリエビの特徴、及び飼育の仕方について

①学名は?

Parribacus japonicus

②餌付けは簡単?

簡単です🤗あえてゾウリエビの為の餌を準備する必要もなく、普通にお魚さんに与えている粒餌が底砂に落ちていたら食べてくれます。残り餌の放置は水質悪化にも繋がりますから、多めに餌を与えてしまったとしても、ゾウリエビがいる事で食べてくれますから有難い存在です👍

③混泳は大丈夫?

二匹、三匹入っていたとしても同種で争うような事はしませんよ🤗まぁ、ゾウリエビを何匹も水槽に入れる人はそうそういないでしょうけどね😅

照明が付いている間は「え⁉️死んでるの🥶」と思うほどじっとしています。しかし消灯後は「こんなにも動き回るんだ⁉️🥶」と思ってしまう程です。

ここで注意❗

お魚さんは基本、夜になると自分のテリトリーの場所で眠りに入ります。このゾウリエビ、小魚は捕まえて食べてしまう危険性がありますよ😣さほど大きくはならないゾウリエビですから、一般的な海水魚を襲うことはないですが、2~3センチ程の小型種との混泳には注意が必要です。

④水温は何度飼育?

23℃~26℃の飼育となります🤗ゾウリエビに限らず甲殻類は水温変化には弱いものです。最初の水槽への投入での水温合わせ、水かえの際の水温変化には注意が必要です。

⑤サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です🤗ゾウリエビはサンゴを突く事も食べる事もしませんから、安心してサンゴ水槽に入れる事が出来ます。また、ゾウリエビは水質が悪いと上手く脱皮が出来ない事が多々ありますので、サンゴが飼育出来るような良い水質で飼われた方が長期飼育出来ます。

⑥どれくらい大きくなる?

約15センチ程です🤗小型水槽でも十分飼育は可能ですが、脱皮も出来ない程、ライブロックやサンゴを過密にしていると支障がありますので、ある程度余裕のあるスペースを確保してあげて下さい。

まとめ

今回ご紹介したゾウリエビ、和名ではゾウリと呼ばれていますが、英名ではスリッパと呼ばれています😂水槽の真上からその姿を見れば納得される事でしょう。

スカンクシュリンプや、ホワイトソックスシュリンプを飼育されている方は数多にいても、「うちの水槽にはゾウリエビがいるよ❗」と言われる方はそうそういません。

人とは一味違った水槽にしたい方であれば、飼育も簡単なゾウリエビはお勧めです👍

タイトルとURLをコピーしました