サラサハタの飼育は難しい❔魅力的ではあるが問題が2つ❗

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

世界中に魅力的な海水魚は数多に存在するが、これほどまでに水玉模様が似合うお魚さんが他にいるでしょうか?🥰

それが今回ご紹介する【サラサハタ】です🤗

ハタ類の中でもおそらく観賞魚として最もポピュラーではないでしょうか。

ショップの水槽で、この水玉模様に魅了され買いたくなる方も多いかもしれませんが…

ちょっと待ったぁ❗

あなたの水槽、本当にサラサハタを投入しても大丈夫なんですか?🤔

サラサハタの特徴、及び飼育の仕方について

①学名は?

Chromileptes altivelis

②サラサハタの特徴

純白の白のドレスに水玉模様をあしらったなんとも美しいサラサハタです😍海水魚と言えば原色のパステルカラーが多い中、逆にサラサハタのこの体色は魅了されてしまうものです。

ただしその純白のドレス姿も幼魚の時だけだとご存知でしたか?😅成長するにしたがって純白のドレスがくすんできてしまい「昔は母さんも綺麗だったんだよ」と言いたくなる程なんです😥

【幼魚のサラサハタ】

【成魚のサラサハタ】

③餌付けは簡単?

簡単です🤗何でも食べてくれるので人工餌にもすぐに餌付いてくれます。ある意味初心者の方でもサラサハタは飼育する事は出来ます。

しか~し❗問題が2つと言った1つがこの何でも食べるという特性です。非常に飼育難易度は低く飼いやすいサラサハタではあるのですが、口の中に入るものは何でも食べてしまうんですよね🥶

サラサハタの泳ぎは緩慢な為、昼間に食べられる事はまずありません。

問題はお魚さんが寝静まった夜、ゆっくりと近づき「パクっ❗」なんて事があるのがサラサハタなんです😭

あなたの水槽に小さなお魚さんがいるのでしたら要注意です❌

④混泳は大丈夫?

小さなお魚さんとの混泳は要注意です❌サラサハタが幼魚の頃は大丈夫でも、大きくなると危険ですね。また、同種も激しく争いますから基本水槽にサラサハタは一匹が望ましいでしょう。

他種であれば、ある程度大きさのあるお魚さんとの混泳は大丈夫です🤗

⑤どれくらい大きくなるの?

自然界では70センチです。これが後1つの問題という事になります。

ただ、70センチと言っても一気にそれだけ大きくなりはしません。20~30センチまではすぐになってしまいますが、そこからの成長はゆっくりでして、水槽環境下ではせいぜい50センチ程度でしょう。

もうお分かりでしょう。サラサハタを飼うのであれば最低でも150センチ以上の水槽が必要ということです😣

あなたの水槽は大型水槽ですか?そしてそれだけ大きくなっても世話は出来ますか?

サラサハタを飼うには覚悟が必要という事ですね😅

⑥水温は何度飼育?

25℃飼育となります。大型水槽が必要となりますから、水槽用クーラー、ヒーターもそれなりの物を準備する必要があります。

まとめ

美しいサラサハタ。サラサハタがゆったりと泳いでいる水槽はそれはそれは圧巻でしょう🤩

でも、サラサハタの特徴を知らずして購入してしまうと大変な事になり、最終的には手放さないといけなくなりますからご注意を。

タイトルとURLをコピーしました