レスプレンデント・ピグミーエンゼルフィッシュとは❔絶海の孤島にのみ生息するヤッコです❗

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

日本国内には様々な国々の海から採取された海水魚が輸入されてきます。そのおかげで、自宅の水槽にて世界各国の海水魚を飼育する事が出来ています。

当然の事ながら、現地で採取禁止となれば、飼いたくても買えない訳で、現在ハワイ固有種の海水魚がそのような状態となってしまっています。

早くハワイ便の再開を心待ちにしているのですが😥

今回ご紹介する「レスプレンデント・ピグミーエンゼルフィッシュ」という海水魚をご存知の方はどれ程いらっしゃるでしょうか🤔

日本で販売されるのは、数年に1度程という、かなりのレア品種となります。

レスプレンデント・ピグミーエンゼルフィッシュの飼育は難しい?

①学名は?

Centropyge resplendens

②どこに生息しているの?

アセンション島にのみに生息しているケントロピーゲ属のヤッコです。

アセンション島?🤔正直ドリ丸は聞いたこともない島でしたからググりましたよ。

【アセンション島】

南大西洋に位置するイギリス領土の火山島であり、1501年に発見された絶海の孤島。

この文明が栄えた昨今でありながらにしても、このアセンション島に行くにはかなり大変な孤島であることは調べれば調べる程分かりましたよ🥶

このレスプレンデントピグミーエンゼルは、数年に1度採取され、まとまって日本に輸入されるとのこと。

価格は約20万円❗

この価格の殆どは輸送コストのようですが、これだけの絶海の孤島から日本に運ぶとなれば、この価格は妥当な金額でしょう。

③餌付けは難しい?

状態さえ安定していれば、他の小型ヤッコと同じように簡単です🤗

④混泳は大丈夫?

こちらも混泳は普通レベルです🤗レスプレンデントは、自宅の水槽でもペアに非常になりやすく水槽内でも産卵させられる品種です。カクレクマノミとは逆で、ペアになるとオスの方が明らかに大きくなります。

ただし❗

カクレクマノミの場合は孵化しても、自宅の水槽でも大きく育てることは可能ですが、残念ながらレスプレンデントは、卵は産んでも孵化して大きくするのはかなり難しいと思われていた方がよいでしょう。

二匹飼育‥つまり40万😭レスプレンデントが水槽でペア飼育されてる方は、すなわちお金持ちさんと言えますね😅

⑤サンゴ水槽でも大丈夫?

基本的にヤッコはサンゴを突きます❌食べます❌

「このヤッコはサンゴ水槽でも大丈夫ですよ」とショップの方から言われたとしても、LPSサンゴとだけは一緒にしない方が安全です。

ドリ丸水槽のヤッコ達も数年間、全くサンゴに興味がなかったのですが、ある日を境に狂ったようにオオバナサンゴを食べ出しましたからね😣

⑥どれ位大きくなるの?

メスは5センチ程、オスは7センチ程です。どちらにしても小型で飼育はし易いヤッコです。

⑦注意点は?

高水温には非常に弱いので水槽用クーラーは必須です👌とは言っても20万もするお魚さんを買える方でしたら、水槽設備は完璧に揃えられているでしょうけどね😅

まとめ

長年ヤッコ飼育をされている方でしたら、一度は手にしたいヤッコであることは間違いないでしょう🤗

タイトルとURLをコピーしました