海水魚の餌&餌付けについて

海水魚の餌 海水魚

ショップで買うにしろ、ネットで買うにしろ、自宅に到着したお魚さんは輸送で疲れています。

温度合わせ水合わせを慎重におこない、水槽に入れても、新しい環境のために、とっても神経質になってますよね。

どれだけ慎重に水槽に投入しても、餌付けがうまく出来なかったら、お魚さん達は⭐になってしまいます

ドリ丸は、これまでに一匹、餌付けがうまくいかず、⭐にしてしまったことがあります

ネットで調べて、ありとあらゆることはしたつもりですが、14日後、外部ろ過の排水されるスポンジに、⭐となりくっついていたのです

初めて⭐にすると、結構ショックでしたよ。ですから、2度と失敗しないために、ドリ丸が学んだ事をご紹介します。

餌付けの流れ

①少量の人工飼料を与えてみる

ドリ丸は経験上、浮遊タイプの餌をまずは与えます。沈下性だと、食べなかった時、餌を取り除けず、水質が悪くなるからです。

そこで、食べてくれたら大丈夫ですが、数時間後しても、食べなければ、スポイトで餌を取り除いてます。

3~4日は仮に食べなくても⭐にはなりません。なので、毎日この餌付けを繰り返します。

ちなみに、他の魚が食べてるのを見て、安心して食べ出すことも多かったです。

②ホワイトシュリンプを与える

冷凍飼料は、嗜好性が高いようで、かなりの確率で食べてくれます

ただ最初はスポイトにビックリして、隠れてしまうと思いますが

ホワイトシュリンプ(イサザアミ)、やコペポーダ、キューブ状に冷凍されてますから、一つ取り出し、小さな容器に入れ、それに水槽の海水を少し入れておくと、自然と解凍されます

あとは、それをスポイトで取り、お魚さん達の前で出してやったら、空腹状態なら間違いなく「バク❗」と食べてくれますよ

③ホワイトシュリンプに人工飼料を混ぜる

ホワイトシュリンプを、コンスタントに食べてくれるようになったら、その容器に人工飼料を混ぜて与えてます。

そうすることで、人工飼料も食べるようになりますよ

長く飼育していく上で、人工飼料の方が絶対楽です❗

ドリ丸の場合は普段は人工飼料、昼(この時間は息子が小学校から帰宅してやってくれてます)夜(仕事から帰宅後)の、計2回与えてます。

そして、日曜日に、ホワイトシュリンプをおやつ代わりに与えてる感じです✨

人工飼料を食べ出してくれたら、餌付けはうまくいったということで、ホッとする瞬間です

餌をバクバク食べてくれる姿も、かなり嬉しいものですよ

餌のタイプ

①ペレットタイプ

形状としては、丸い粒状や、細長い棒状タイプです。

ドリ丸が与えてるのは、ほとんどがペレットタイプです✨

肉食性、草食性、大きさも、Sサイズ、Mサイズがありますから、お魚さん達によって買われたらいいですよ

ドリ丸水槽では毎日この両方を与えてます✨食い付きは評判通り最高です❗

②冷凍飼料

さきほど、ご紹介した、ホワイトシュリンプコペポーダです。

特にホワイトシュリンプはお勧めですよ。

嗜好性も高く消化吸収もよいそうなので、お魚さんの排泄物で、極端に水質を悪化させることもないようです。

ただし、1度解凍したのを、余ったからと再解凍はしないほうがいいと、ショップの方から説明を受けました。

ちなみに、ドリ丸は1度、金魚に与えてる、赤虫を試してみましたが、食べてくれず、しかも、水もかなり濁った為、2度と赤虫は使わないようにしています

③フレークタイプ

金魚水槽では以前与えてましたが、ドリ丸水槽では、使ったことないですね。

これも食べやすいそうなので、いつか試してみたいと思っています

④ミックスタイプ

一つにペレットタイプ、フレークタイプ、ブラインシュリンプが入っている優れものです。

1度使ってみましたが、どういうわけか、ドリ丸水槽の魚たちは、食べ残しが目立ったので使わなくなりました

バクバク食べて、小さかったお魚さん達が、大きく成長し、元気に水槽を泳ぎ回ってる姿に日々癒されてます

次回❗底砂一面が茶コケまみれに

タイトルとURLをコピーしました