ホシゴンベの飼育は難しい❔混泳には要注意❗

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

水槽内をところ狭しと泳ぎ回る泳ぎが上手いお魚さんとは対照的に、泳ぎが上手いわけでもなく、岩場にぐたっとしてる事が多いお魚さんと言えば…

ゴンベの仲間達です🤗

愛嬌もあり、泳いでると言うよりは歩いてる⁉️😅と言った姿に癒される方も多い事でしょう。

しか~し❗

今回ご紹介するゴンベの「ホシゴンベ」を水槽内に入れるのであれば、よくよくその特性を知っておかなければ、数日後悲劇が起こるかもしれないですよ😫

ホシゴンベの特徴、及び飼育の仕方について

①学名は?

Paracirrhites forsteri

②餌付けは簡単?

簡単です🤗何でもすぐに食べますから人工飼料にもすぐに餌付いてくれます。基本、水槽下部をうろうろしていますので、沈下性で動物性の餌を与えるようにしてあげて下さい。

餌付けが簡単と言うことは、ホシゴンベの飼育は簡単と言うことになるのですが…

この「何でも食べる」と言うことが少々厄介なんです😅

③混泳は大丈夫?

ここ要注意❗写真を見て頂いて分かる通り、大きな口をしていますね。ホシゴンベの補食力は大変強く、この大きな口で水槽内の小魚やエビやカニを丸のみしてしまうんです🥶

「あれ⁉️◯◯がいない」そういう悲劇に合わない為にも、ホシゴンベと混泳させられる水槽かどうかを確認する必要があります。

ちなみに、大型ヤッコ、ハギ、ベラとの混泳は大丈夫です👌

④サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です🤗ホシゴンベはサンゴを突く事も、食べる事もしませんから、安心してサンゴ水槽に入れる事が出来ます。

余談ですが、自然界の海の中でホシゴンベは、枝状ミドリイシの隙間にいることが多いんです。もしもあなたの水槽にそういった枝状ミドリイシが入っていたら、その場所がホシゴンベの寝床になるかもしれませんよ🥰

⑤水温は何度飼育?

25℃飼育となります🤗水温変化に弱い訳ではありませんが、やはり水槽用クーラー、ヒーターは必需品となります。

⑥どれくらい大きくなるの?

ゴンベの中では最大の20センチにもなるホシゴンベです。小型水槽では厳しくなるので、90センチ以上の水槽サイズは欲しいところですね。

まとめ

ホシゴンベの「ホシ」は頭の黒点が星に見えるとの事でホシゴンベと呼ばれているんです。

幼魚の頃はまばらですが、あなたの水槽で立派に成長させられると、その星の数も増えますから見応えのあるホシゴンベになっていかれますよ👍

タイトルとURLをコピーしました