コウワンテグリの飼育は難しい❔

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

近年デグリの仲間で人気種と言えば、マンダリンやスターリードラゴネットなのかもしれません。なんせ色彩が圧倒的に美しいですからね😍

しか~し❗

地味ではあるが昔からアクアリストに愛されてきたテグリをおわすれではないでしょうか?

それが「コウワンテグリ」です🤗

夜になると砂に潜り、まるで潜水艦のごとく目だけを出した姿が愛くるしいデグリ🤩

今回は極めて安価で入手しやすくいが全く人気のないコウワンテグリをご紹介していきたいと思います。

コウワンテグリの特徴、及び飼育の仕方について

①学名は?

Synchiropus ocellatus

②餌付けは簡単?

水槽投入してすぐに人工餌を食べる個体はまずいません❌餌付けは少々てこずります。最初は冷凍餌をこまめに与えながら、徐々に人工餌を混ぜながら餌付けすることが基本です。

ちなみに人工餌はメガバイトレッドの様な、動物性の餌を与えてあげて下さい。

③混泳は難しい?

基本的に他種との混泳は可能です。しかしながら、コウワンテグリはビビりなお魚さんです😅気性の荒いお魚さんがいたり、攻撃を受けるとすぐに砂に潜って隠れます。

出来るだけ穏和なお魚さんとの混泳が安心です。

ただし❗同種でもオス、メスであればペアとなり混泳も可能ですが、オス同士の混泳は激しく争いますので❌です。

【コウワンテグリ、オス、メスの見分け方】

オスは第一背鰭がかなり大きく、広げると数個の眼状模様がある。逆にメスはオスよりも一回り小さく、背鰭も殆ど目立ちません。

④サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です🤗コウワンテグリは、サンゴを突く事も食べることもしませんから。逆にサンゴ過密水槽の方が、様々な微生物がいる為、餓死させる可能性は低くなります。

⑤水温は何度飼育?

25℃飼育となります🤗コウワンテグリは水温変化に弱い事もありませんが、長期飼育していくためには水槽用クーラー、ヒーターは必須となります。

⑥どれくらい大きくなるの?

約7センチです。

まとめ

病気にもなりにくく丈夫なコウワンテグリです。餌付けさえ無事に完了出来れば、長期飼育しやすいコウワンテグリですからね🤗

地味ではありますが、夜中、目だけを砂から出して寝ているコウワンテグリは可愛らしいものですよ🤩

タイトルとURLをコピーしました