今更ながら水槽エアーポンプは【水心】で決まり❗

アクア用品

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

今回は題名が結論になります。

10年以上様々なエアーポンプを使用してきましたが一週回って、今はドリ丸家の海水水槽も、金魚水槽も全て【水心】のエアーポンプを使用しています🤗

アクアリウムをする以上、エアーポンプは必ず必需品となりますが、どれにしようか迷っているなら【水心】一択で大丈夫ですよ。

水心エアーポンプを選ぶ理由

①とにかく静かすぎる

「動いてる?🤔」と言いたくなる程の静かさです🤗他社メーカーでも、静音性抜群❗業界最高峰の静かさ❗なんて、仰々しいキャッチコピーで宣伝しているエアーポンプがありますが「ヴォーン」というエアーポンプ独特の音が出るものもありますからね😤

水心は、独自の振動吸収脚ゴムにより、低振動、静音においては他を寄せ付けない素晴らしさです🤩

ただし❗

水心には水槽の大きさに合わせて3タイプあるのですが‥

1番大きな【水心sspp-2s】は強力なエアーを出す反面、残念ながら水心ならではの静音性は半減します。

②水槽サイズに合わせて3タイプ

【水心sspp-2s】

・90センチ水槽用

・最大エアー量 3,500cc/分

・縦19,5cm×横8cm×高さ6cm

・エアー調整はダイヤルで調整可

【水心sspp-3s】

・60センチ水槽用

・最大エアー量 2,500cc/分

・縦15,5cm×横8cm×高さ5cm

・エアー調整はダイヤルで調整可

【水心sspp-7s】

・45cm以下の水槽用

・最大エアー量 2,000cm/分

・縦13cm×横7,5cm×高さ5cm

・エアー調整は出来ない

お勧めは【水心sspp-3s】です👍これこそまさに水心の集大成と言うべき、究極の静かさとパワーを両立させてますからね🤗

45センチ以下の水槽用のsspp-7sも大変素晴らしく、金魚水槽に取り付けてはいるのですが、エアー調整が出来ない点がマイナスポイントですね。

正直、先程もお伝えしました通りsspp-2sは水心の静音性に欠けますから、どうしてもそれだけ大量のエアーが必要なら他社メーカーの方がいいと思いますよ。

ちなみにドリ丸本水槽は90センチオーバーフロー水槽ですが、最初sspp-2sを付けていましたが、即効外してsspp-3sに取り替えましたが、十分エアーの量は確保出来ていますからね👌

④MADE IN Japan❗

水心を分解してみたら分かります。やっぱりMADE IN Japanですよ❗細かな部分まで丁寧に作られていますから👍

⑤コスパが良い

だいたい1年位は問題なく使えますが、それ以上になってくるとエアーの量が下がったり、場合によってはエアーが出なくなったりする症状が現れてきます。

そこですぐに部品買ったり、新品を買い直したりしないで下さいね❗❌

分解して綿棒でゴムとパッキン部分の汚れを取り除けば、またエアーは復活しますからね👌

①水心の裏側のネジを外します

②先端の部品を取り出し、さらにネジを外すと白くて丸いプラスチック部品があります。

③そのプラスチックに付いている、ゴムとパッキン部分がかなり汚れているはずですから、取り外し綿棒で綺麗に汚れを取り除いて上げて下さい。

④元通りに組み立て、電源を入れるとエアーが復活します。

まとめ

エアーポンプのあの独特の振動音がずっと鳴っていると耳障りで堪りませんからね。その煩わしさを全て解消してくれるエアーポンプが、まさに【水心】です🤗

タイトルとURLをコピーしました