レンテンヤッコの飼育は難しい❔日本国有種と言えるヤッコです

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

レンテンヤッコの英名「ジャパニーズ・エンゼルフィッシュ」、世界中のヤッコ愛好家が認めた日本を代表するレンテンヤッコです😍

生息地としては、ミッドウェー島近海にもいるのですが、採取は出来ません。レンテンヤッコを採取出来るのは、伊豆諸島、小笠原諸島の為、日本国有種的存在となっているわけです🤗

「日本で採取出来るなら価格は安いの?」

いえいえ😅レンテンヤッコ愛好家の中では非常に高い人気のヤッコで、3万~6万はする高級ヤッコなんです。

レンテンヤッコの飼育の仕方

レンテンヤッコは正しく飼育が出来れば、水槽内でも長期飼育が可能なヤッコです👌

「6万も出して買ったのにすぐに⭐になっちゃった」なんて事になったら悲惨としか言いようがありませんからね😭

①餌づけは難しい?

簡単です🤗自然下ではカイメン類や藻類などを食べているので、人工エサには餌付きにくいのでは⁉️と思われがちですが、案外あっさり人工エサにも餌付いてくれます。

②水温はどれ位?

ここは注意が必要です💥日本近海の水深12メートル~60メートルの深場から採取されますし、温帯種の為、高水温には非常に弱い❗💥という事を知っておいて下さい。

レンテンヤッコを飼育する上で、水槽用クーラーなしで飼育するのは非常に危険です😣

クーラー設定を25℃にしてあげ、高水温に絶対ならない環境で飼育してあげて下さい。

③混泳は大丈夫?

小型ヤッコの中でレンテンヤッコは、最強と言ってもいいほど、気性が荒い為、混泳させる場合は、レンテンヤッコを劣位に置くようにしなければ水槽内での混泳は難しくなります。

劣位にするとは、レンテンヤッコを一番最後に入れて、転校生のようにしてあげるという事です🤗お魚さんの世界では、先にいる方が先輩になりますから、気性が荒いレンテンヤッコを先輩魚にしようもんなら、他のお魚さんはひとたまりもないですからね😅

逆に気性が荒いですから、大型ヤッコとの混泳は問題なく出来ます。

④サンゴ水槽でも大丈夫?

大丈夫です🤗サンゴを突いたり食べたりはしません。レンテンヤッコの体色の美しさを引き立たせる為にも、是非サンゴ水槽に入れてあげたいものです✨

⑤なぜ「レンテン」という名前?

「レンテン」の名前は体に青い点が散りばめられた「連点」から由来しています。

黄色からオレンジ色のグラデーションだけでも美しいのに、それに加えて青いドットのグラデーションされた体色は独特な美しさです🤩

1度泳ぐ姿を見れば「6万出しても欲しい❗😍」と思わせてくれるレンテンヤッコです。

⑥どれ位大きくなる?

自然界では最大20センチとも言われるレンテンヤッコですが、水槽のような狭い空間ではせいぜい12センチ程と思って下さい。

まとめ

レンテンヤッコが水槽に入ることで、その水槽の高級感はグッと増すこと間違いなしのヤッコです✨

魚水槽では、レンテンヤッコの輝きが衰えてしまいますので、本種の美しさを最大限引き出してあげるためにも、清浄な水のサンゴ水槽でこそ際だってくることでしょう🤗

タイトルとURLをコピーしました