サンゴ水槽には絶対に入れられないヤッコ【ゴールデンエンゼルフィッシュ】

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

一般的には「サンゴ水槽にチョウチョウウオやヤッコ類は入れられません❗💥」と言われていますが、ヤッコの中では入れても問題ない種類も存在します。

ドリ丸水槽にも何匹かヤッコが入っていますが、サンゴを突く事もなく食べることもなく飼育できています。サンゴを食べると言われているスミレヤッコでさえ、しっかり人工飼料に餌付かせきれれば問題なくサンゴ水槽で飼育されている方もいるくらいですから🤗

しか~し❗💥

「ゴールデンエンゼルフィッシュ」だけは、チョウチョウウオ同様、サンゴ水槽には入れてはならない最強ヤッコです💥

入荷はそれほど多くないのですが、体表が輝くオレンジとゴールドを合わせたかのごとく美しいヤッコです🎇

たまたまショップで見かけたら誰もが「綺麗❗😍」と思ってしまうでしょうね。しかし、あなたの水槽にサンゴが入っているのでしたら購入は控えた方が賢明です。

ゴールデンエンゼルフィッシュとは❔

①餌付けは難しい?

人工エサに餌付かせるのは、かなり難しいと思って下さい。なんせ主食が「サンゴ」なんですから😣

オオバナサンゴ、カクオオトゲ、コハナガタ、ハナガタ、キクメイシ‥数々のLpsサンゴはあっという間に食べてしまうでしょう😭

「うちの水槽にはLpsサンゴじゃなくてSpsサンゴしか入ってないから大丈夫では?😄」

残念ながらSpsサンゴも食べてしまいます💥

ゴールデンエンゼルフィッシュは、ハードコーラルのポリプしか自然下では食べてないと言っても過言ではありません。

「じゃぁ水槽で飼育できないの?🤔」

ゴールデンエンゼルフィッシュを水槽で飼育する場合、まずはコペポーダの冷凍エサから、少しづつ人工飼料に移行していく事がセオリーです。主食であるサンゴがないから仕方なく食べてくれるんでしょうけどね。

仮に人工飼料に慣れたとしても、サンゴを入れた途端サンゴはガッツリ食べてしまいますからご注意を💥

②他の海水魚との混泳は難しい?

ゴールデンエンゼルフィッシュは、小型ヤッコの中でも警戒心が強いため、慣れるまではかなり時間がかかると思って下さい。

気が弱い為、気の強いお魚さんが入っている水槽には不向きです。特に餌付いてないのに混泳させてしまうと、餌を食べることなく餓死させてしまう恐れもあります😣

しかし、いったん餌付いてしまいさえすれば、以外と大きな海水魚との混泳も可能なようです🤗

③価格はどれくらい?

ゴールデンエンゼルフィッシュは、そもそも入荷量も少なく、サンゴを食べてしまう食性からあまり人気がないヤッコでもあります。

だいたい10,000円~20,000円で購入可能なヤッコです。

④生息地はどこ?

インドネシアからグレートバリアリーフと、広範囲に生息しています。

⑤全長はどれくらい?

最大でも10センチですが、水槽環境の中では大きくなっても8センチ程度の小型ヤッコです。

まとめ

ゴールデンエンゼルフィッシュいかがでしたか?ドリ丸水槽みたいに、サンゴ過密水槽にされている方であれば敬遠してしまうお魚さんでしたよね。

サンゴは入れず、海水魚水槽としてされている方でしたら、ゴールデンエンゼルフィッシュは照明に栄えるかなり美しいヤッコです🤗

タイトルとURLをコピーしました