売れてる水槽照明スタンド特集❗

機材

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎇

海水アクアリウムをしていく上で欠かせない機材は数多くあります。その一つに照明がありますよね🎇海水魚だけを飼育していくのであれば、観賞用として設置するので、あれこれこだわる必要はないかと思いますが、サンゴ飼育となりますとそういう訳にもいかないですよね🤔

蛍光灯、メタハラ、Led、フルスペクトル照明等々、サンゴ用照明として販売されている照明器具は多岐に渡ります。ドリ丸もこれまで本当に多くの照明器具を買ってきました。

「これは買って大正解だったなぁ❗😍」というのもあれば、「うわぁ~ぜんぜんダメたぁ😣」なんて照明もありましたよ。サンゴ飼育されている方であれば、ご自宅のサンゴの為に、もっといい照明を付けたい❗もっと照明を増やしたい❗と思われますよね(ドリ丸も少ないお小遣いをちょっとづつ貯めながらやってますよ😅)

しかし、照明が増えてくると一つ問題が💥一つ二つの照明機材の時は、それ専用のスタンドで良いのですが、3つも4つもとなると、ちゃんとした水槽照明スタンドを設置して、そこに照明機材を取り付けた方が、統一感が出てスッキリします。特にグラッシーレディオのようなスポット照明ともなると、クリップ式を使われる方が多いはずですから、なおのこと水槽照明スタンドがあった方が便利ですよね👍

今回は数ある水槽照明スタンドから、目的に応じた人気ベスト1をご紹介していきたいと思います✨

売れ筋水槽照明スタンド

①スタイリッシュなスタンド人気ナンバー1🎉

~アクアテイラーズ オリジナルライトスタンド~

これはいいですよぉ❗🤩何と言ってもステンレス製な為、まずは錆びない❗海水アクアリウム機材は当然の事ながら、塩の影響で鉄製のものは必ず錆びますからね。最初は綺麗でもしだいに錆びてきて、見た目的にもガッカリになってしまいますからね。しかもこちらのスタンド、ステンレス製の丈夫さもあり、何と耐荷重8キロまでの照明機材を付ける事が可能です👍

錆びない❗スリムで、シャープ❗しかも丈夫❗そりゃぁインテリアにこだわっている方の人気ナンバー1になるのは当然ですよね🤗

②安さを求めるスタンド人気ナンバー1🎉

~アクロオリジナルLED TRIANGLE用ライトスタンド~

この手のタイプの水槽照明スタンドで、こちらの商品よりも安いのは見たことないですね。こちらは水槽でも定評あるアクロのメーカーから出されているスタンドになります。安いからといっても物はちゃんとしてますよ👌

水槽の厚さ5~12mmに対応。フレームレス水槽のみ取り付けられるタイプですから、残念ながらフレーム有りの水槽には取り付けることが出来ませんのでご注意を。種類も45センチ、60センチ、90センチと3種類ありますから、ご自分の水槽に合わせて購入して下さいね✨

耐荷重も8キロまでの機材を付ける事が可能ですから、これだけのお値段でそれだけの重さに耐えられる訳ですから優れた商品です🤗

海水アクアリウムはホントにお金がかかりますから、決められた予算内でって考えた時、安さナンバー1のこちらの水槽照明スタンドは本当に有難い商品だと思いますよ🤣

③使い勝手の良いスタンド人気ナンバー1🎉

~カミハタ アーチスライドBS~

これは様々な進化に対応してくれるスタンドですよ🤩今はこの照明を使っていても、数年後には違う照明を使用しているかもしれないし、または追加しているかもしれないですよね。このスタンドは、あなたの進化された照明機材に対応出来るスタンドなんです👍こちらのアーチスライドBCにさらに別のスタンドを合体させることが出来トランスフォーム出来ちゃうんですよね。😍このカミハタアーチスライドBCさえ持っておけば、将来的にどんな照明に変えようが対応は可能でしょうね。

水槽幅は3センチまでの厚さでしたら取り付け可能。しかも水槽縁に接触する部分は水槽を傷つけないようになっていますし、錆びに強い樹脂を使用しています✨

耐荷重は5キロまでの機材を付ける事が可能。幅と高さを調整できる点も人気の理由です。ただし、ライトの吊り下げフックは別売になっているのが残念❗😫

④とにかく頑丈なスタンド人気ナンバー1

~コトブキ工芸 ライトアームスライド~

こちらの売りは何と言っても頑丈さです👍照明機材10キロは余裕で耐えるスタンドですし、メイドインジャパンですので、構造の安心感はナンバー1でしょうね。しかもこのスタンド、これ1台で30センチ~60センチのどの水槽にもスライドさせる事で取り付け可能なんです🤩さらに❗吊り下げフックも標準装備❗

この手のスタンドは、45センチ水槽には45センチのものを、60センチ水槽には60センチのものを買う必要があるのですが、こちらは水槽のサイズアップにも対応してくれる優れものです❗

でもですね、ショップの店員さん曰く「60センチまで伸ばして使うと正直、機材の重さでたわむかもしれませんよ」との事でした😅

高さは2段階の調節が出来ます。水槽幅25ミリまで取り付けることが出来、しかもフレーム有りの水槽でも大丈夫でした。水槽に取り付ける部分もクッションが付いているため、傷は付きにくいでしょうね。

とにかく頑丈なスタンドを探されてるならこちらが、人気ナンバー1でした。でもかなり見た目はゴツいですよ😅

⑤番外編

~AQUARIUM LIGHT STAND~

商品名がまんまな感じのこちらの水槽照明スタンドも売れてる商品の一つという事でご紹介しておきます✨水槽幅15ミリまで取り付け可能。耐荷重5キロまでの機材を付ける事が出来るとの事でした🤗

まとめ

水槽照明スタンドは、自分でホームセンターで塩ビパイプを買ってきて自作される方も多いですね。器用な方はステンレスを加工され「販売したらいいのに❗😍」と思ってしまう程、立派な水槽照明スタンドを作り上げる方もいらっしゃる程です。まぁ、ドリ丸は上手に作れない自信がありますから購入しましたけどね🤗

タイトルとURLをコピーしました