ルリヤッコの飼育は難しい❓飼育の仕方を解説❗

海水魚

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🌸

ドリ丸水槽はサンゴ過密水槽の為、サンゴを食べる恐れのあるヤッコは、ショップに行っても正直見て見ぬふりをしていました。でも、ヤッコの色彩ってホントに魅力的なんですよねぇ。

数あるヤッコの中で、今回ご紹介するヤッコは【ルリヤッコ】です👌ヤッコの中ではポピュラーな種で、比較的どこのショップでも販売されていますから見た事ある方も多いのではないでしょうか。

ルリヤッコの飼育方法

①飼育は難しい?

ルリヤッコの飼育は非常に簡単です🤗海水魚の飼育が簡単か難しいかの一つの基準に、餌付けしやすいか、しにくいかがあげられます。ルリヤッコはその点非常に餌付けしやすいお魚さんなんです✨

しかし、ドリ丸が通ってるショップの店長曰く「餌付けしやすいとは、6センチ以下のルリヤッコだけばい。それ以上デカかとは中々食べんけん」だそうです😅

まぁ、入荷しているルリヤッコはだいたい4センチ~6センチがほとんどですから大丈夫ですよ。

②ルリヤッコはどこに生息してるの?

ルリヤッコは、太平洋からインド洋にかけて広い範囲で生息している海水魚です。カラーバリエーションがホントに豊富にあるルリヤッコですが、生息地によるものなんです。

③どんなカラーバリエーションがある?

オーソドックスなカラーパターンは、全身が紺色で、腹部が赤いのが多いですね。(ドリ丸も実物ではこのカラーパターンしか見た事はありません)しかし、全身が真っ赤なルリヤッコや、オレンジのルリヤッコとレアな個体もいるそうですから、マニアにはたまらないでしょうね🤩

④全長はどれ位?

あなたの水槽が大型水槽であれば、ルリヤッコのマックス全長の10センチ位までなりますが、だいたいが水槽飼育環境の元では6~8センチ程ですね。

⑤餌は何を食べる?

人工飼料食べてくれますから、メガバイトレッドメガバイトグリーンを交互に与えていたら、バランス良く成長していきますよ。人工飼料に餌付きやすいので、初心者でも飼育しやすいヤッコの一つですね🤗

⑥値段はいくらくらい?

ルリヤッコは非常に安いです。1500円~3000円で販売されています。これだけ美しい海水魚が、安価なのは実に魅力的ですよね✨

⑦混泳は大丈夫?

他種との混泳は問題ありません。特に小さい内はおとなしい為、他のお魚さんを攻撃する事はありませんから。しかし、同種や、同じヤッコ類に対しては小競り合いはあるかもしれませんので、ルリヤッコを導入後、後から小型ヤッコを投入すると追いかけ回される危険性はあります😫

⑧水温はどれ位にしたら良い?

水温変化や、水質変化にも丈夫な為23℃~26℃の範囲で水温を保ってあげていたら大丈夫です。水槽クーラー、ヒーターの設定水温を25℃にしていたら安心です✨

⑨注意点は?

やはりサンゴは食べます😫特にLpsサンゴのプリプリしたポリプは大好物ですから、食べられてしまう事は覚悟しておかれた方がいいですよ。一部の情報では、「ヤッコは空腹にさせなければサンゴは食べません」とありますが‥

いえいえ、食べられると思っていた方がいいです😅

小型ヤッコ特集

まとめ

ルリヤッコはブルーの照明下ではホントに幻想的な美しさをかもし出すんです🤩この美しい体表とサンゴを組み合わせると素晴らしい水槽になること間違いなしですよ。ただしLpsサンゴ以外で構成してあげて下さいね🤗

タイトルとURLをコピーしました