サンゴ購入から水槽投入までの流れ(ネット購入)

サンゴ薬浴 サンゴ

皆さんおはようございます🎇ドリ丸です✨

チヂミトサカグリーンを⭐にしてしまったドリ丸水槽、今まで大きく育っていたチヂミトサカの場所がぽっかりと空き、レイアウト的に納得がいかない‥🤔

チヂミトサカが縮む事件

「全体的にレイアウト変更でもしてみるかなぁ」と思っていましたが、気になるチヂミトサカピンクを発見❗

今入っているホワイトソックスシュリンプを購入した信頼おけるショップが出品していましたので、さっそくボチ❗

また買ってしまいました。チヂミトサカピンクの投入です🤗

ネットでサンゴ購入から水槽へ入れるまでの注意点

①梱包状態の確認

実際ショップに行って購入したのであれば、自分の目で確認して納得したものを購入している訳ですからいいのですが、ネットの場合はそうもいきません。

ネットの写真を見ての判断ですから、実際は本当に納得いくものかは分かりません。

何度も取り引きをしているネットショップであれば、まだ信用があるのですが、初めてのショッブであれば多少の不安はありますよね😅

そのショッブがどういうお店かを知る上で梱包状態はよく見た方が良いですよ。

~梱包状態チェックポイント~

・発泡スチロールは綺麗ですか?

・テープの止め方は綺麗ですか?

・中を開けた際、新聞紙で綺麗にくるまれていますか?

・冬場ならホッカイロが3つ以上、夏場なら冷却ジェルが3つ以上入っていて、到着時にまだ機能は果たしている状態ですか?ホッカイロであればまだ温かく、冷却ジェルであれば冷たいかどうか?

・水漏れは起こってませんか?

・袋が2重になっていて、しっかりと金具もしくはゴムで止められていますか?

・生体が入っているビニールを取り出し、水が濁ってませんか?サンゴは溶けてませんか?生体はちゃんと生きていますか?ここで写真を1枚撮る。

写真を撮っておく理由は死着保証の際の証拠になります。

なんと言っても、丁寧なお店かどうかでやはりお店の資質は分かるもんですよ。生き物ですから、残念ながら死着はネットショップの場合は当然あります。

でも、お店の方が思いを込めて発送して下さったか、適当に流れ作業のように発送されたのかは、梱包状態で本当によく分かるもんですよ。

ちなみにドリ丸は、梱包だけで感動をさせられたのはリーフトリガーさんの梱包です。もう凄いですよリーフトリガーさんの梱包は❗

感動❗感激❗感謝❗の梱包でしたね😍

②しっかりと水温合わせを行う

あなたの水槽は今何度になっていますか?たぶん25℃ではないですか?真冬に送られてきた場合、真夏に送られてきた場合、ビニールの水温は25℃になっていない事がほとんどですので、ビニール袋をそのまま水槽に浮かべるか、もしくはバケツに25℃の水を作り、そこに1時間程浮かべて置けば水温合わせは完了です。特にチヂミトサカは環境の変化に弱いサンゴですから、ゆっくりと時間をかけて水温合わせをした方が安心なサンゴです✨

水温合わせが終わったら、ビニールの金具もしくはゴムを外してビニールの中の匂いを嗅いでみて下さい。ここでもしも腐敗臭がしているのであれば、死着している可能性があります😱ここでも写真を撮る。

別容器に中をビニールの海水ごと出してみて、サンゴは溶けてませんか?生体は動いてますか?

大丈夫であれば次の作業に入りますが、死着であれば、ショッブに連絡をしてみて下さい。まぁ、水合わせの前に水が濁っていたり、サンゴが溶けていたり、生体が死んでいるのが分かったらすぐに電話した方がいいですね。

死着保障があるところは、きちんと対処して貰えますよ。

③水質合わせ

サンゴの場合は水温合わせが終わったらすぐにドボンされる方もいらっしゃいますが、ドリ丸は水質合わせも1時間かけて行うようにしています。この時、バケツの中に25℃設定のヒーターも入れておかないと、せっかく水温合わせしたのが台無しになりますからね。

④薬浴をする

サンゴにはいろいろなものが付いている可能性がありますから、薬浴はかなりお勧めします。せっかく順調に飼育している水槽が、新しいものを入れた途端、何かしらの虫や菌で汚染されてしまう可能性もありますからね。ドリ丸はサンゴによってシーケムリーフディップか、コーラルRXプロを使い分けていますが、今回はシーケイムリーフディップを使用しています。

⑤サンゴ設置

今回購入した、チヂミトサカピンクは、以前までいたチヂミトサカグリーンがあった場所に設置しています。光、水流、共にチヂミトサカが好む場所であることは、先代が教えてくれていますから、迷うことなく、この場所に設置です🎇

サンゴはそれぞれによって好みの設置場所がありますから、気になる方はこちらの記事も参照されてはいかがでしょうか。サンゴの設置場所レイアウトの仕方

まとめ

先代のチヂミトサカはかなり大きかったので、今回投入した新米チヂミトサカも同じくらい大きく育てていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました