フリッパー2WAYマグネットクリーナーを買ってみた❗使用感を解説❗

アクア用品

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

先日、久々「ナノマグ」というマグネットクリーナーを購入したドリ丸ですが、一つだけ納得いかない事が‥

見た目的にはお洒落なんです❗✨ガラス面のコケもキチンと取れるんです❗✨小回りも効いて狭い隙間のコケも取れるんです❗✨

マグネットクリーナー【ナノマグ】の使用感は?

がしかし‥🤔

小さすぎる為、広いガラス面を掃除するのに何往復もさせないといけないんですよねぇ😅

「まぁ、ナノって付いているぐらいだから小さくて当たり前だし、この小さくて目立たない事がナノマグのナノマグたる存在価値だしなぁ」

小さな水槽であればナノマグ以外選択肢はない程の素晴らしいマグネットクリーナーですよ。でも、90センチ以上の水槽ともなると、もうちょっと大きい方が効率が良いのは確か🤔

なんか、そんなマグネットクリーナーがないかなぁと検索していたところ‥

見つけましたぁ❗🤩【フリッパー2WAYマグネットクリーナー】という商品です。

マグネットクリーナーでありながら価格はなんと6,000円❗💥

はぁ⁉️💥と言いたくなるようなフリッパー2WAYマグネットクリーナーですが、これ、かなり良いですよ🤗

今回はこちらのマグネットクリーナーの使用感を解説していきたいと思います。

フリッパー2WAYマグネットクリーナーとは?

価格は税込み6,241円❗💥高すぎる😣正直似たようなもので安いマグネットクリーナーは他にもあります。

でもですね、1度使ってみたら価値が分かりますよ🤗

①種類は一つだけ?

こちらのフリッパーマグネットクリーナーは3タイプあります。

・フリッパーナノ(ガラス厚4~6ミリ)

・フリッパースタンダード(ガラス厚8~12ミリ)

・フリッパーマックス(ガラス厚12ミリ以上)

2代目ドリ丸水槽厚が8ミリでしたので、ドリ丸はスタンダードタイプを購入しました。

②ステンレスブレードとABSブレードの両方が装備されている。

基本的にフリッパーは、ガラス水槽用と考えておかれた方が良いです。ステンレスなんかでアクリル水槽を磨いてしまったら傷だらけになりますからね😱

一応アクリル水槽の為にABSブレードがあるのですが、アクリルの中でも柔らかめに作られたアクリル水槽でしたら、一発で傷が付いてしまいます。自分のアクリル水槽は、固めのアクリル素材で出来てる❗と分かって購入される分にはいいでしょうが、買ったはいいけど使えなかった、なんて事になったら大変もったいないです。

なんせ6,000円もするんですから💥

ちなみにABSブレードはフリッパーナノには付属していません。ナノにはステンレスブレードだけですからね。

③サイズはどれくらい?

ドリ丸が購入したスタンダードタイプの寸法です。

【幅】6,5センチ

【長さ】12,5センチ

【厚さ】3,5センチ

ご覧の通り、かなりの存在感ですが、某マグネットクリーナーのようにダサくないんです🤩この黒にオレンジ❗まさにジャイアンツカラーがそそりますねぇ😍

④メッシュ部分は普通にマグネットクリーナー

表面は通常のマグネットクリーナーのように使えます。ガラス面の茶コケはメッシュ部分で簡単に取れます🤗

しかも❗先程長さ12,5センチと言いましたよね。ドリ丸水槽の高さが50センチなんですが、上から約4回右から左に動かすだけで前面ガラスの茶コケ清掃が終わってしまうんです❗👌

ナノマグだったら前面ガラス全体を磨くのに何十回も往復させないといけないところを、フリッパーでしたら、たったの4回でいいので、これはかなりの時間短縮が出来て効率的です👍

⑤磁石の力は強い?

かなりの強力磁石です。ですから、水槽に取り付ける際、ゆっくり気をつけて取り付けないと、下手したらガラスをわってしまうんじゃないか?😭と思える程強力な磁石です。

これだけの磁力ですから、テレビやパソコンが近くにあれば、間違いなく電化製品は壊されますから要注意です💥

⑥緑コケや石灰藻は取れる?

楽勝です❗🤗驚くほど綺麗に取れますからビックリですよ🤩

ドリ丸水槽でもう一つ良かったと思えたのが、ガラス面と、底砂の間に付いている茶コケ取りには役立ちました。

この部分の茶コケをナノマグで取ろうとしたらメッシュ部分に砂が挟まる可能性が高いんです。砂が挟まった状態でマグネットクリーナーを動かすと当然ガラスに傷が付いてしまいますからね。ステンレスブレードが綺麗にこの部分に入り込み、なんなく茶コケを取ってくれたのは良かったです🤗

⑦フリッピングアクションとは?

メッシュ部分でのコケ取り、ステンレスブレードでのコケ取り、1台で二役を担うからこそ【フリッパー2WAYマグネットクリーナー】と命名されているわけです。

ではどうやって切り替える?🤔まさか水槽に手を突っ込んで手動で面をはめ変えるの?🤔

そんな手を濡らしたら何のためのマグネットクリーナーか分かりません。

切り替えは【フリッピングアクション】という動作で、手を濡らさずに面を変える事が出来るすご技です❗🤗

持ち手を持って、ガラス面から離しクルッと180°回転させたら、水中の中でメッシュ面とブレード面を反転させる事が出来ます🤩

これがフリッピングアクションです✨

簡単そうでしょう🤗このフリッピングアクション、ドリ丸は練習が必要でしたから、ドリ丸にとっては難しかったです😭30分位練習して何となくコツは掴めましたが、まだ10回やって成功確率は6回位です😅

⑧ブレードは半永久的に使える?

使えません💥長く使用していると刃が変形したり、欠けたりしてしまいます。そのような状態で使用を続けると当然ガラスに傷が付いてしまいます。メーカーにも確認しましたが、推奨の交換時期というものはないそうです。

藻の中でも1番固い石灰藻を多くガリガリやっていれば消耗は早いかもしれませんね。定期的にブレードの状態を確認する必要があります。

【フリッパー交換用ステンレスブレード】

⑨シリコン部分は要注意❗

ステンレスブレードにしても、ABSブレードにしても、切れ味は相当なものです。気持ちい程サクサク頑固なコケも取っていきます🤗

しか~し❗調子に乗ってると‥

スパ❗ぎゃ~~😱ガラスとガラスを接着させているシリコン部分まで切り裂いてしまいますからね。

なので、ドリ丸は、シリコン付近だけはナノマグを使用するようにしています👍

まとめ

今まで散々コケ取りグッズを買ってきましたが、今回のフリッパー2WAYマグネットクリーナーとナノマグを所持していたら他にはもう何もいらない❗と思えた程、素晴らしい2トップ商品でしたね👍

今では、せっせとメラミンスポンジで手を濡らしながらガラス面のコケ取りをやっていた頃が懐かしくさえ思えます🤗

タイトルとURLをコピーしました