トサカ類は実に種類が多いサンゴ❗バラエティ豊富で色鮮やかなサンゴです✨

チヂミトサカピンク サンゴ

皆さんおはようございます✨ドリ丸です🎉

サンゴ水槽をされている方であれば、トサカは1度は飼育されたことがあるでしょう🤗状態良く飼育できると、背が高くなり、非常にボリューム感たっぷりですから人気のサンゴの一つですよね。

一口にトサカと言っても種類は豊富で、育て方や毒の強さもそれぞれ違うってご存知でしたか?ドリ丸も過去に5個体のトサカを購入し、一つは水槽ヒーター付け忘れ事件でダメにしたのと、もう一つは、照明器具が貧相だった為ダメにしてしまいました😭完全にサンゴ飼育をなめていた初心者だった頃の話です😥

サンゴが溶けて腐りました

今回は種類豊富なトサカについてのご紹介をしていきたいと思います。

トサカの種類について

まず、トサカには好日性トサカ陰日性トサカがあります。簡単に言えば光を必要とするトサカと、光を全く必要としないトサカがあるんです🤗

①好日性トサカとは?

好日性トサカは褐虫藻を共生させ、光合成により栄養分を得ていますから、光の強さがものすごく重要なんです🎇先程、初めてのトサカに貧素な照明でと言いましたが、トサカ飼育にとって弱すぎた光だった為⭐にしてしまったという事です。

好日性トサカが「光が弱すぎるよ❗」のサインはトサカの姿に現れますよ。ヒョロヒョロで間延びしている姿がそのサインです。しっかりとした強い照明下では、枝数も増え、茎も太くなり、どんどん増殖していきますからね🤗

②好日性トサカの種類は?

チヂミトサカ

ピンクの色彩を持つトサカで、ドリ丸水槽でも状態が良いと、水槽内に桜が満開のような姿を見せてくれますよ🤩ピンクの色彩を維持していく為には、強い光と硝酸塩の低さを維持してあげることが大切です。また、ポリプが揺れる感じで水流を当ててあげることも必要です。チヂミトサカの毒はないに等しいので、毒のあるサンゴと接触しないようレイアウトしてあげて下さいね。

チヂミトサカサンゴの飼育は難しい?

カタトサカ

ドリ丸水槽にも配置されてますカタトサカです。こちらのカタトサカの毒はチヂミトサカと違って結構強めですからね。以前隣のウミキノコがカタトサカ接触により、ウミキノコの一部が溶けてしまいましたから😫カタトサカは、枝状に分岐していくのが特徴です。カラーバリエーションは、薄いグリーン、濃いベージュ、クリーム色が主としてありますよ🤗

ヌメリトサカ

毒性がかなり強いので要注意❗ソフトコーラルの中でもヌメリトサカは、最強クラスの毒性なのでレイアウトは注意ですね。しかし、強いと言ってもナガレハナサンゴ等のスイーパー触手には一瞬で溶かされてしまいますけどね。あくまでもソフトコーラルの中ではという話です。

ナグラカタトサカ

トサカの中では、やや本体が固く、基部に近いところから枝のように分岐していくのが特徴です。カラーバリエーションはグリーン、パープル、イエロー、ピンク等があります。

カワラフサトサカ

樹状の細かな突起に小さなポリプがひしめき合っていて、花のブーケを連想させるとっても綺麗なカワラフサトサカですよ🤩ドリ丸が無知なせいで⭐にしてしまった初めてのトサカでした。

キバナトサカ

長めのポリプが特徴です。一見陰日性トサカにも見えるのですが、実際の海では浅場に生息していますから、太陽光に近い強い光を当ててあげる必要があります🎇

ワタゲカタトサカ

先程のカタトサカよりも、密にポリプを密集させているのが、ワタゲカタトサカです。特にグリーン系のワタゲカタトサカには、ブルーライトを当ててあげることで、本来の美しさを発揮するサンゴですよ。

ヤワタコアシ

一見チヂミトサカに非常に似ていますが、チヂミトサカよりは水質にうるさくありませんから、こちらのヤワタコアシの方が初心者は育てやすいと思います。しかし、圧倒的に入荷はチヂミトサカの方が多いため、ヤワタコアシを実際にショッブで見かけることは少ないんですけどね‥状態良くヤワタコアシを育てるには強めの水流が絶対条件となりますよ。

③陰日性トサカとは?

陰日性トサカは光合成から栄養分をとるわけではない為、光は必要としません。海水魚を育てるように、陰日性トサカにも餌を与える必要がありますから、初心者では中々飼育の難しいとされるトサカです🤔

しかし、陰日性トサカってカラフルで赤やオレンジと、水槽に入れていたら絶対に目立つサンゴで魅力的ではあるんですけどね😍

④陰日性トサカの種類は?

トゲトサカ

ピンクやオレンジとカラフルな色彩が多いトゲトサカです。縮んでいる時と伸びた時を見比べると「ホントに同じサンゴ?」と思う程、かなりの違いに驚かれると思いますよ。長期飼育していく為にはプランクトンフードの給餌を小まめにしていかないと、小さくなっていき、最後ははかなく溶けてしまいます😥

ベニウミトサカ

飼育は非常に難しい💥トゲトサカにも似てるがチクチクした感じのトゲがありません。カラーバリエーションは、オレンジ、レッド、ピンクがあるのですが、ポリプを開かせるのでさえも困難とされるため、かなりの経験がないと、とてもじゃないが購入してはならないサンゴの一つです💥

まとめ

現在のドリ丸水槽には種類の違う3種類のトサカが順調に育てられています。今回ご紹介しきれてないトサカもまだまだ存在します。これだけ様々な種類のトサカがあるわけですから、きっとあなた好みのトサカがあると思いますし、トサカが水槽にあることで見応えのある水槽になることは間違いないですよ🤗

タイトルとURLをコピーしました