カウデルニー投入!

海水魚

みなさん、こんばんは!五月ももう中旬になろうとしてますね。何度もゴールデンウイークのことを言ってしまいますが、ついこの間のことなのに、ずいぶん遠いことのようにかんじてしまいます。

もう一度、4月28日にもどらないかなぁ、なんて子供のようなことを思うドリ丸です。

さて、今回は、デバスズメダイ、ニモに続き、第三のお魚さんを導入したときの話となります。

海水アクアリウムも、3か月がたった頃、そろそろ新しい生体を入れたいなぁと思っていました。

アクアリウムやり出すと、いろんな魚を入れたくなりますよね😆

ドリ丸もその一人でしたよ😊

しかし、水槽の大きさ魚同士の相性を考えて入れないといけない事も分かっていました。

そんな事を考えてる時、ある病院に海水アクアリウムが置かれてあり、出会ってしまったのです😍

なんだ❗この優雅に泳ぐ魚は⁉️

しかも、ヘリコプターがホバリングするかのように、一カ所でとどまる動きに魅了されました😍

そのお魚さんがこちらです❗

カウデルニーの素晴らしさベスト5

すくまさま家に帰り、カウデルニーを検索かけたところ、第1に思ったのが、安い❗でした。

海水魚って、品種によっては、ビックリするような金額するんですよね😅

しがないサラリーマンのドリ丸のお小遣いでは、手が出ないものもたくさんあるんですよね😅

カウデルニーをお迎えしようと決めた理由がこちらです。

①安い

さきほどの、第1印象の理由です。

②多種と混泳OK

気性も穏やかで、他の魚を追いかけ回すような事もないとの事でした。

実際、現在のドリ丸水槽には、いろんなお魚さんがいますが、全くケンカもありませんし、どの魚とも仲良くしてくれています😊

③丈夫

餌付けも簡単で、環境の変化にも強いとありました。環境が少しでも変わると、すぐに白点病にかかってしまう魚もいる中、病気になりにくいっていうのはいいですよね。

④泳ぎが優雅

これは、個人的な意見ですが、ドリ丸はそう思います😊

いつもライブロックに隠れてたり、泳ぎが俊敏すぎる魚が多い中、カウデルニーは水槽をゆっくりと泳いでくれます

しかも水槽中央で、ヘリコプターが空中で静止してるように止まってくれたりもするので、見た目に癒されてます😊

このような理由から、カウデルニーをお迎えすることにしました✨

今でもドリ丸水槽を優雅に泳いでいます😌

⑤注意点

カウデルニーは、奇数匹ではなく、偶数購入がお勧めと、本に書かれていました。

これは、クマノミと同じで、ベア(夫婦)になってしまうと、もぅ一匹ははぶかれ、時にはいじめられるとのことてます。

また、群泳させると、またさらに水槽が映えるとありましたが、ドリ丸水槽は60センチなので、二匹購入する事にしました😊

水槽サイズが大きい方は、4匹、6匹と泳がせたらいいですねぇ😊

ちなみに、出会った病院の水槽には、8匹が優雅に泳いでいました😍

1200水槽だったからですねぇ😆

うらやましい😆😆

この時までは、デバスズメ、カクレクマノミ、カウデルニー、計6匹が、ドリ丸水槽を色鮮やかにしてくれるとワクワクしていたのですが‥

次回❗アクアリウム始めて初の悲劇😱

タイトルとURLをコピーしました